人気ブログランキング |

清宮爆発、サンウルブズ初勝利なるか

キャンプ最終盤、日本ハムは2日続けて楽天との練習試合であった。侍ジャパンの稲葉監督視察の中ではじまったこの試合、初回から日本ハム打線が爆発した。
まず3番にはいった王柏融が一死1塁から右翼に2塁打でチャンスを拡大すると5番大田泰示がタイムリーで2点先制、続く清宮幸太郎がバックスクリーンに3ランと初回で5点をとる猛攻をしかけた。
d0183174_09112058.jpg
d0183174_09112935.jpg
先発は開幕ローテーション入りを狙う左腕の加藤貴之、3回を1安打無失点とまずまずの投球を魅せてくれた。加藤の場合、二巡目にどんな投球をしかけたてくれるかが昨年からの課題であり、その課題克服は次回以降の登板となりそうだ。
d0183174_09113847.jpg
初回に5点、そして2回も連打で3点を奪った日本ハム、序盤で試合を決定づけた試合であったが、この試合は中押しもあった。楽天が4回に4点を奪って反撃した5回、レギュラー取りを目指す松本剛がレフトスタンドに3ランを放って追加点を奪う活躍を魅せた。
王柏融が6試合連続安打と好調を維持(稲葉監督にもいい打者プレミア12で要注意と言われ評価された!)、大田泰示も3安打、そして清宮幸太郎が3安打5打点の活躍と打者は好調、投手もこの日は公文が乱調であったが残りの投手は無失点とまずまずの出来、今季は優勝争いが可能な戦力が揃ったと思える日本ハムである。
シンガポールで黒星発進となったサンウルブズ、気を取り直して秩父宮競技場でのワラターズ戦に臨むことになるがその登録メンバーが発表された。
シャークス戦と先発は4選手が入れ替わっている。個人的に注目しているのはPRの山下裕史とCTBの中村亮土である。
d0183174_09114747.jpg
2選手とも日本代表に選出されており今後の活躍次第ではワールドカップ本番でもメンバー入りが可能と思われるだけに頑張ってほしいものである。

by motokunnk | 2019-02-22 09:16 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/27454624
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 今日からオープン戦、サンウルブ... 斎藤佑樹好投、大谷素振り開始? >>