人気ブログランキング |

同時昇級ならず、今日から全英オープン

将棋の第77期順位戦C級1組第11局が行われた。藤井聡太七段、杉本昌隆八段(先日八段になった!)の師弟同時昇級が注目された。師匠の杉本八段は勝利すれば昇級決定であったが藤井七段は同時に行われている他の対局の結果に依存した対局であった。
d0183174_10332403.jpg
その結果、藤井七段は都成竜馬五段との対局、126手で勝利したが他の1敗の棋士が勝利したため昇級はならなかった。9勝1敗の好成績を残しながらの残留は過去では渡辺二冠など数例ある。しかしいずれの棋士もその後A級棋士となっていることから悲観するべきことではない。
藤井七段は勝利してことで今年度の成績が41勝7敗となり勝率も8割5分1厘まで上昇した。8日の棋王戦4組ランキング戦・畠山成幸八段との対局に勝利すると中原誠永世名人の記録を抜くことになる。まだまだ目が離せない藤井七段の対局である。
今日からバドミントンの全英オープンがはじまる。昨年は混合ダブルスで渡辺勇大/東野有紗ペアがノーシードから勝ちあがって初優勝を飾った。その後の活躍で今や混合ダブルスのトップ3まで上り詰めた。
d0183174_10333433.jpg
d0183174_10334378.jpg
今年は第3シードとして登場する同ペアの活躍に期待したい。今後ダブルスではもう一組、権藤公平/栗原文音ペアにも密かに期待している。今年からA代表となった権藤/栗原ペアはまだ実績は残していないが昨年の渡辺/東野ペアの例もあり、この全英オープンで大活躍してほしいものである。
日本ハム・清宮幸太郎が昨日、都内の病院で右有鉤(ゆうこう)骨の骨片摘出手術を受けた。手術は成功し、12日からはリハビリを開始するそうである。早ければ交流戦中の復帰が考えられるが、ここはあせらずじっくりとしたリハビリを行って再発しないことを確認したうえでの実践復帰を果たしてほしい。

by motokunnk | 2019-03-06 10:36 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/27472887
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 日本ハム新オーダー、全英初日、... 清宮開幕絶望、W杯スタッフユニ... >>