人気ブログランキング |

藤井七段敗れる、インディカーレース開幕

将棋の第90期ヒューリック杯棋聖戦二次予選が行われた。年間最高勝率更新の期待がかかる藤井聡太七段は久保利明九段との対局であった。
将棋は久保九段優勢ですすんだが、終盤にかけて久保九段に緩手がでて一時は藤井七段が優勢になる局面もあった。ただ藤井七段も緩手を指してしまい再び流れは久保九段に傾いた。
d0183174_09080488.jpg
久保九段、さすがに慎重に指しまわし127手で藤井七段に勝利した。藤井七段、この結果今年度の成績は42勝8敗の.840となり、中原永世名人の年間最高勝率更新は限りなく不可能となってしまった。
昨年は将棋四部門(最多対局、最多勝利、最高勝率、連勝)を独占する大活躍を魅せた藤井七段、今季は若手棋戦からの卒業、各棋戦予選免除などもあり対局数は減ったが実力棋士との対戦は増えた。
その中で勝率8割超えは見事な成績であり一流棋士の仲間入りをしたと思われる。来季は初のタイトル獲得が期待できる。
インディカーシリーズが開幕した。第一戦はセントピーターズバーグであった。昨年と同じチームから参戦した佐藤琢磨は予選こそ20位となってしまったが決勝レースでは徐々にポジションアップしていき8位入賞も可能なポジションまで到達していった。
d0183174_09081444.jpg
しかしコース上のゴミがギアボックス冷却ダクトを塞いでオーバーヒートしてしまい残念ながらリタイアしてしまった。調子は上々なので第2戦に期待したい。
約5か月のインターバルのあったWECもいよいよ再開される。再開の一戦はWECセブリング1000マイルである。伝統のIMSAセブリング12時間レースとの併催イベントとして実施されるのでスタートは午後4時、ゴールは深夜となる変則な形式だ。
d0183174_09082566.jpg
トヨタも入念なテストを行って乗り込むようであり、7、8号車2台のトップ争いが観れるようである。

by motokunnk | 2019-03-12 09:10 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/27481663
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 大坂ベスト16、日本ハム快勝、... 大坂初戦勝利、桃田が初優勝、ト... >>