人気ブログランキング |

有原完璧4勝目、名古屋2位浮上、日本勢3種目制覇

前日の敗戦で再び5割となってしまった日本ハムは有原航平が先発した。過去4度の登板で自責点は2、すべての試合で6回以上を投げており安定感は抜群である。
一方のソフトバンクはミランダであった。両投手ともまずまずのピッチングで3回をおさえた。ソフトバンク打線は怪我人が多くでており、レギュラークラスが不在の影響もあって有原は2回~5回はパーフェクトにおさえる完ぺきな投球内容であった。一方の打線は4回、中田翔がヒットで出塁、王柏融が死球で無死1、2塁のチャンスをつかんだ。横尾はバント失敗で投ゴロとなり併殺と思われたが何とミランダが三封をしただけで一死1、2塁とチャンスは残った。渡邊諒がヒットで一死満塁となり中島卓のヒットで先制した。
d0183174_10032522.jpeg
続く5回も西川の四球、大田泰示の右中間を破る2塁打で追加点をあげ有利に試合を進めた日本ハムが4-0でソフトバンクに勝利した。
有原は7回2安打1四球4奪三振無失点の好投で4勝目をあげた。先日発表された3、4月の月間MVP候補に選ばれておりこの勝利で受賞に一歩近づいたようだ。
d0183174_10033415.jpeg
今日の先発予定は上沢直之、ぜひ勝利して貯金を2として上位争いを繰り広げてほしい。
サッカーJ1第9節、名古屋グランパスは地元豊田スタジアムで2位のサンフレッチェ広島と対戦した。名古屋の攻めを広島が守る展開となった前半であったが37分に前節の怪我で欠場のシャビエルに代わって出場した前田直輝が今季の初ゴールを決めて先制した。
d0183174_10034362.jpg
後半は広島に攻め込まれる場面も多々あったがGKランゲラックのファインセーブもあり、結局1点を守り切り名古屋グランパスが勝利し、2位に進出した。
バドミントンのアジア選手権決勝が行われた。4種目で決勝進出した日本勢、まず女子ダブルスが行われた。松本麻佑/永原和可那ペアは中国の陳清晨/賈一凡ペアと対戦、全英オープンで敗れてしまった相手に対して第1ゲームを21-19で奪って先制したまではよかったが第2、第3ゲームを連取され惜しくも準優勝に終わってしまった。第1ゲーム、20-15とゲームポイントを握ってから4連続ポイントで追い上げられたのが第2ゲームに中国ペアを勢いづけてしまったようだ。ちょっと残念な試合であった。
女子シングルスは山口茜が中国の何冰嬌と対戦した。過去8勝1敗と相性のよい相手とあって第1ゲームは連続11ポイントなどで大きくリードした山口が追い上げられはしたものの21-19で先取すると第2ゲームも5連続ポイント、6連続ポイントなどで序盤から大きくリードし、何冰嬌の戦意を失わせた。結局21-9でこのゲームも奪ってアジア選手権初優勝を史上最年少で飾った。
d0183174_10035854.jpg
男子シングルスは昨年末のワールドツアーファイナルズ決勝の再戦となった。このとき桃田賢斗は中国のエース、石宇奇に0-2のストレートで敗れておりそのリベンジなるか注目していたが第1ゲームは昨年末の再現となるような展開で12-21で失ってしまった。
第2ゲームは桃田賢斗もミスなく石宇奇と接戦を繰り広げた。13-13から桃田賢斗が4連続ポイントで抜け出し21-18で第2ゲームを奪って勝負はファイナルゲームに持ち込まれた。
ファイナルゲームはいきなり6連続ポイントを奪った桃田賢斗がそのままリードを拡大しながら21-8で勝利しアジア選手権連覇を達成した。
d0183174_10040671.jpg
そして男子ダブルス決勝は遠藤大由/渡辺勇大ペアが世界ランク1位のギデオン/スカムルヨペアに挑戦した。いきなり6-1とリードした遠藤/渡辺ペアであったが7-7と追いつかれてしまった。ただここから離されなかった遠藤/渡辺ペア、中終盤まで2ポイント以内の接戦を繰り広げた。
14-14から2ポイント連取した遠藤/渡辺ペアであったがギデオン/スカムルヨペアに18-18と追いつかれてしまった。しかしここから遠藤/渡辺ペアが3連続ポイントを奪って21-18で第1ゲームを先取した。
第2ゲームに入るとギデオン/スカムルヨペアのスマッシュを面白いようにディフェンスした遠藤/渡辺ペアがあっというまにポイントを重ね、10-1と大量にリードした。戦意を喪失してしまったのかギデオン/スカムルヨペアの攻撃がワンパターンとなり、遠藤/渡辺ペアが面白いようにポイントを重ね21-3で第2ゲームも制してアジア選手権初優勝の栄冠を勝ち取った。
d0183174_10041873.jpg
遠藤/渡辺ペアにとっては準々決勝で世界ランク2位の中国ペアを破っており同じ大会で世界ランク上位ペアを連破したことは大きな自信となったことであろう。
30日からはじまる東京オリンピックへむけてのポイント獲得レースに弾みがついたと思われるアジア選手権であった。
WRC第5戦ラリー・アルゼンティーナデイ4が行われた。デイ3でタナックが電圧低下に見舞われてしまい表彰台圏内から脱落してしまったトヨタチームはデイ4は3台がトラブルなく完走したが最上位はミークの4位と2戦連続して表彰台を逃してしまった。マニファクチャラーズチャンピオンシップも1、2位を独占したヒュンダイに水をあけられてしまった。
ただトラブルがなければ速さは一級品であることは間違いないトヨタヤリスWRC、次戦の初開催のラリー・チリで暴れまわってほしいものだ。

by motokunnk | 2019-04-29 10:08 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/27576196
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 吉田輝星初の無失点投球、大谷復... 4種目で決勝に進出、錦織ベスト... >>