人気ブログランキング |

日本ハム2位キープ、バドミントン準優勝止まり、大坂復帰

子どもの日、日本ハムはロッテとの対戦に勝利し、貯金と1とした。前日の試合、8回まで2-1とリードしていながらリリーフ陣が逆転を許してしまった。
嫌な流れを止めたい日本ハムの先発はバーベイト、4月13日のロッテ戦で先発して来日初勝利をあげているどちらかというと相性のよいチームである。一方のロッテは石川歩、日曜日の先発が多く日本ハムは早くも3試合目である。過去2試合はそれぞれ5、6回を無失点、2失点とどちらかといえば抑えられている印象が強い。投手戦が予想されたが先制したのは日本ハムであった。2回、王柏融がハムストリングを痛め、ファーム調整している間DHで出場している田中賢介がヒットで出塁、渡邉諒もヒットで無死1、2塁とチャンスをつかむと平沼翔太の犠牲バントはフィルダースチョイスをさそって無死満塁と絶好の先制機をむかえた。
中島卓が三振に倒れ嫌なムードとなってしまったが清水優心の3塁ゴロ(バウンドが高かった!)の間に先制点をあげた。とりあえず先制点はとったが追加点も欲しいところである。すると西川が期待に応えてレフトオーバーのタイムリー2塁打で2点を追加、3-0とリードした。
d0183174_09290755.jpeg
バーベイトはその裏レアードに一発を打たれてしまったが、失点はその1点のみで5回を3安打7奪三振におさえてリリーフにつなげた。
そのリリーフ、6回は鍵谷が登板し、いきなり井上にヒットで出塁を許してしまったがレアードを注文通りの併殺に打ち取り無失点に抑えると、西川のこの日2本目となるタイムリーで4-1とした7回は宮西が登板した。
d0183174_09291620.jpeg
同じ間違いは繰り返さないと気迫の投球で三者凡退におさえると8回は石川直也が登板した。その石川も2三振を奪う好投で無失点におさえると、9回は守護神になっている秋吉が二死からヒットは許したが無失点におさえて4-1で快勝し2位をキープした。
今日の先発予定は有原航平、今季はここまでの5試合をすべて6回以上を投げ失点もわずか2という成績である。今日も安定した投球を期待したい。今季初となる貯金2を目指してほしい。
バドミントンのニュージーランドオープン決勝が行われた。男女のダブルスで決勝に進出した日本勢であったがどちらのペアも敗れてしまい準優勝に終わる悔しい結果となってしまった。
d0183174_17114626.jpg
d0183174_17115527.jpg
特に女子ダブルスは韓国のペアに世界ランク1、2、4位のペアが負けてしまう波乱、この大会絶好調だったタカマツペアもストレート負けを喫してしまった。
大坂なおみが復帰初戦のマドリッドオープン1回戦で世界33位のチブルコバを6-2、7-6のストレートで勝利し腹部の故障からの復帰戦を勝利で飾った。
d0183174_09292328.jpg
腹部に問題がないか心配されたが持ち前の強力なスイングでウィナーを奪うなど怪我の後遺症は感じられないようである。
大坂は2回戦はソリベス トルモと明日対戦する予定である。明日の試合も注目である。

by motokunnk | 2019-05-06 09:32 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/27586772
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 有原乱調、名人戦は第3局、いよ... 大堀ベスト4止まり、名古屋引き... >>