人気ブログランキング |

大谷勝ち越し打、日本ハム3連勝、錦織も3回戦へ

エンゼルスの大谷翔平がアスレチックス戦の9回に勝ち越し打を放ち、6-4でエンゼルスが勝利しアスレチックスの連勝をストップさせた。
2回に投手カバーが遅れた結果、幸運な内野安打となった1本のみでこのところタイミングが合わない打撃が続いていたが、9回は甘くはいったストレートを完ぺきなタイミングで打ち返してのタイムリーであった。
d0183174_09394739.jpg
本人も当然、タイミングのズレは把握しており、試合後のインタビューでも「打てたのはラッキーでした」とコメントしていた。今日は早朝からアスレチックス戦が行われているが、7-7で試合は延長にはいっている。大谷は1安打2四球だがタイミングのズレはまだまだ治っていないようだ。
勝利すれば5割復帰となる日本ハムの先発は吉田侑樹、一方のロッテは岩下大輝であった。いきなり初回に先制弾を浴びてしまった吉田であったがその後はランナーはだすものの無失点におさえるピッチングであった。
一方の打線はロッテ先発の岩下を攻略できないでいたが、5回裏にエラーで出塁した清宮が再び帰塁の際に暴投で一気にホームを駆け抜け、ラッキーな形で同点に追いついた。1イニングに2つのエラーが絡んでの同点であった。
こういう試合は勝ちたいものであったが終盤は一気に乱打戦となった。7回にリリーフ堀瑞輝が勝越し2ランを打たれてしまったがその裏、近藤健介が二死2、3塁からこの試合4本目となるタイムリーヒットを放って同点に追いついた。
8回は石川直也がマウンドにあがり、いきなりヒットを打たれてしまったものの続く打者は連続三振として無失点で抑えるかと思ったが、中村にレフトフェンス直撃の2塁打を打たれてしまった。
クッションボールの処理をもたつく間にロッテに4点目がはいってしまった。石川直也にとっては悔やまれる失投であった。
しかしその裏、二死1塁で田中賢介が代打起用され1ボールからの2球目を強振すると打球はライトスタンドまでのびる逆転2ランとなり、日本ハムがこの試合初めてリードを奪った。打線はその後押出しによる1点を追加し6-4でロッテに勝利し勝率を5割に戻した。
d0183174_09395577.jpeg
カード3連勝、そしてチーム今季初の4連勝をかけて先発予定は有原航平である。ロッテ戦は連勝後、5失点でKO負けしており、リベンジをかけてのマウンドとなりそうだ。4月の快投を再現してほしいものだ。
全仏オープン2回戦、錦織圭の相手は地元フランスのツォンガであった。5勝3敗と通算では勝ち越してはいるものの数年前の全仏オープンでは2-3とフルセットで惜敗している相手だけに油断は禁物であった。
第1セット、先にブレイクした錦織であったが連続ブレイクを許してしまい4-6で失ってしまった。
気持ちを撮りなおしてむかった第2セット、いきなりブレイクした錦織が直後のサービスゲームをブレイクポイントを握られてしまったがしっかりとキープすると試合は両者サービスキープをくりかえして6-4で錦織がこのセットを奪ってタイに持ち込んだ。
そして第3セット、0-2とリードされるもののブレイクバックでおいつくと錦織のサービスが安定してブレイクポイントを与えず逆に第9ゲームをブレイクしてセットカウント2-1とリードした。そして第4セット、いきなり0-3とリードされてしまった。
d0183174_09400445.jpg
しかしここから錦織がツォンガのサービスゲームを連続ブレイクして一気に逆転し5-3とリードするとそのまま逃げ切りセットカウント3-1で勝利し3回戦にすすんだ。3回戦の相手はクレー巧者のジェレである。

by motokunnk | 2019-05-30 09:43 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/27623310
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 主力抜きで連勝、有原完封、大坂... 藤井七段初黒星、日本ハム粘り勝... >>