人気ブログランキング |

エンゼルズ5割復帰、豊島棋聖初黒星、上沢今季絶望

4月以来の5割復帰である。今まで何度も5割復帰のチャンスがあったエンゼルスであったがチャンスをことごとくつぶしていた。
しかしブルージェイズ第2戦ではチャンスをつぶすことはなかった。先発のスカッグスがいきなり一発を浴びてしまったもののすぐにカルフーンの一発で同点に追いつくと、この日レフトで先発したグッドウィンにも一発がでて2-1と逆転した。
この日のスカッグスは安定しており8回途中までを3安打1失点の好投でマウンドをおりた。リリーフしたバトリー、そしてロブレスが無失点におさえて3-1で快勝し5割に復帰した。
d0183174_09113554.jpg
大谷翔平は3番・DHで先発出場したものの4打席連続で内野ゴロに終わってしまった。3試合ぶりの無安打となってしまったが第1打席の遊ゴロは打球も速く正面でなければヒットであったと思う。無安打といってがっかりする必要はなさそうだ。5割復帰はしたが、今日の試合がエンゼルスにとって重要である。先発はヒーニー、前回登板では4-0とリードしてマウンドをおりたが、後続の投手が打たれてしまって白星をフイにしているだけにヒーニーで勝ち切れたらエンゼルスは勢いにのれそうだ。
将棋の第90期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負の第2局が行われた。豊島将之棋聖に渡辺明二冠が挑戦するシリーズの第2局である。豊島棋聖は今季これまで8勝無敗と絶好調であり、連勝を9に伸ばすかどうか注目である。一方の渡辺二冠も7勝1敗と今季負けたのは先日の棋聖戦第1局のみとこちらも好調を持続している。
d0183174_09114759.jpg
好調の棋士同士の戦いは終始渡辺二冠が優勢にすすめ、終盤に豊島棋聖の反撃をうけたものの106手で勝利して対戦成績を1勝1敗の五分とした。豊島棋聖、今季初黒星である。第3局は29日に行われる。
18日の横浜DeNA戦でソトの打球を左膝に受け骨折してしまった上沢直之の手術が行われ、無事成功したそうである。日本ハムによれば全治は5か月だそうで今シーズンは絶望のようだ。
昨日の試合もサヨナラ負けを喫してしまった日本ハム、エースの離脱というおおきな出来事をカバーする救世主が現れることを期待したい。

by motokunnk | 2019-06-20 09:14 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/27653647
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< エンゼルス3連勝、日本ハムは連敗脱出 大谷マルチヒット、藤井七段白星... >>