人気ブログランキング |

ラグビー日本代表好発進、バドミントンは3種目決勝、日本ハム連勝

ラグビーW杯に向けての最終調整と位置づけられているパシフィックネーションズカップがはじまった。
日本代表は初戦でフィジーと対戦した。ランキング9位と日本代表より上位にランクされ、過去3勝14敗と大きく負け越している相手だけにどんな試合をするか注目であった。
試合は立ち上がりから日本代表がボールを支配する展開で前半3分にSO田村のPGで先制すると8分にはゴール前でアドバンテージを得て大胆な攻撃が可能となりSO田村がキップパス、WTB福岡堅樹がダイビングでインゴールに押さえた。
d0183174_09385349.jpg
これで8-0とリードした日本代表であったが12分にこぼれ球を拾われてトライを奪われてしまった。ここから日本代表は戦術を切り替えたようで、キック主体で相手に攻撃権を与えるのではなく、パス重視で相手陣に攻め込む作戦を重視した。
この昨辺変更が機能し、ボール支配率を高めた日本代表は19、23分と立て続けてトライを奪って22-7とリードを拡げた。
ハイタックルでシンビンをだしたフィジーを31分にはFL姫野和樹がパワーでインゴールにねじ込みリードを広げた。
半終了直前にモールからトライを奪われてしまったが29-14で折り返した日本代表、勝利が見えてきた前半戦であった。
後半は派手な攻撃はなかったが守備に力をいれ、フィジーを1トライの7点におさえて31-14で快勝した。8年ぶりの勝利でもあり、フィジーは2週間前にはニュージーランドのマオリ代表“マオリ・オールブラックス”から62年ぶりの勝利を奪うなどW杯でも上位を狙える強豪国、そのフィジーに勝利したことは確実に日本代表のレベルもあがっていると実感できた試合であった。
バドミントンのジャパンオープン準決勝が行われた。日本勢の対決となった女子ダブルスはランキング上位の松本麻佑/永原和可那ペアがタカマツペアを第1ゲームから圧倒して21-16で奪うと第2ゲームも17-9とリードした。タカマツペアも意地を魅せ、17-19まで追い上げたが追い上げもここまでで松本麻佑/永原和可那ペアが21-19で奪って決勝進出を決めた。
続けて行われた女子シングルス、奥原希望がカナダのミシェル・リーをストレートで破って決勝進出を決めると、男子シングルスの桃田賢斗は西本拳太、常山幹太を破って準決勝に勝ち進んだインドのサイ・プラニースBと対戦した。
d0183174_09390403.jpg
観衆の応援を受け、前日とは違って21-18、21-12のストレートで決勝進出、山口茜も決勝に進出し、シングルスは3名が決勝進出を果たすこととなった。
男子ダブルスの園田啓悟/嘉村健士ペアは敗れてしまったが、日本勢は3種目で決勝進出となり、優勝を目指すこととなった。
日本ハムの勢いが止まらない。昨日の西武戦、先発の浦野が3回までに4本のソロホームランを打たれて0-4とリードを許す展開となってしまった。
西武の先発多和田に抑えられていた打線は5回に一気に爆発した。平沼、清宮の連打、西川の四球で無死満塁のチャンスをつくると大田泰示がセンター前にタイムリーを放って2-4とすると、近藤健介の三ゴロはエラーとなり再び無死満塁、中田翔は捕飛に倒れたが渡邊諒がきっちり犠飛をはなって1点差とすると石井一成の逆転3塁打ででて5-4と逆転した。ワンチャンスをものにするいいときの日本ハムの攻撃であった。
その後ワイルドピッチで6-4として日本ハム、その裏に再びソロホームランを打たれたが、自慢のリリーフ陣が好投した。また7回に二死満塁から西川も2点タイムリーもおおきかった。その裏マウンドにたった石川直也がいきなりエラーで走者をだしてしまい死球もあって一死1、2塁とピンチを招いてしまった。後続を三振、中飛で切り抜けたが1点差だったらどうだったかわからない展開であった。
d0183174_09391437.jpeg
試合はその後も加点した日本ハムが10-6で勝ち、ソフトウェアバンクがやぶれたため、0.5ゲーム差に肉薄することとなった。
地元に帰って連敗してしまったエンゼルス、今日はジャパンデイということで朝から日本に絡んだ催しなどが開催されているようだ。
d0183174_09392397.jpg
d0183174_09393462.jpg
大谷翔平もイベントに参加してファンサービスをおこなっているようだ。その大谷は3番・DHで出場予定、久しぶりの一発をスタンドに放り込んでほしいものだ。

by motokunnk | 2019-07-28 09:44 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/27706136
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 桃田連覇、ホンダも2勝目、エン... 4種目でベスト4進出、日本ハム... >>