人気ブログランキング |

WRC第9戦はじまる、タイオープン3日目、有原粘投も敗戦

約1か月のインターバルがあったWRC、第9戦はトヨタチームの地元ともいえるラリー・フィンランドである。復帰して3年、過去2年は快勝しているだけに今回も期待が持てるラリーである。水曜日のシェイクダウンではタナックがトップタイムをマークし好調さをアピールしていた。
d0183174_08573342.jpg
木曜日夜に行われたSS1ではタナック2番手、ミーク3番手、そしてラトラバ8番手とまずまずの滑り出し、今日からはじまる本番はどんな走りを魅せてくれるのか楽しみである。
バドミントンのタイオープン3日目が行われ各種目でベスト8が出そろった。混合ダブルスでは渡辺勇大/東野有紗ペアが危なげなく台湾ペアを破っての準々決勝進出である。
d0183174_08574442.jpg
ジャパンオープンではベスト8度盛だっただけにこの大会ではベスト4以上を目指してほしい。ベスト8は初対戦のインドペアである、頑張ってほしい。
その他では、久しぶりに金子祐樹/松友美佐紀ペアも準々決勝に進出している。世界ランク9位の中国ペアとの対戦だが過去1度対戦して勝利しており決して勝てないあいてではない。2チーム揃ってベスト4進出なるだろうか。
奥原、山口そして桃田のいないシングルスでは高橋沙也加、常山幹太、西本拳太の3選手がベスト8進出を決めた。男女ダブルスでは男子は遠藤大由/渡辺勇大ペアがベスト8進出を決め、世界ランク1位のギデオン/スカムルヨペアに挑戦する。1度は勝っているだけに勝てるチャンスはありそうだ。
いずれにしろ何種目でベスト4に進出できるか注目である・
日本ハム対楽天戦、日本ハムは有原航平が先発した。必勝体制で臨んだこの試合であったが打線が楽天投手陣に封じ込まされてしまった。有原は調子が悪そうであったがさすがにエースの貫禄で7回2失点でマウンドを降りたが、打線は先頭打者をだすものの得点したのは1回のみと1-3で敗れてしまった。
d0183174_08575340.jpeg
今月はソフトバンク戦が6試合もある。なんとか五分以上の星を残して優勝戦線に踏みとどまり9月をむかえてほしいものだ。

by motokunnk | 2019-08-02 09:00 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/27712939
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 豊島二冠竜王戦決勝進出、全種目... 大谷3安打1打点1盗塁、豊島王... >>