人気ブログランキング |

吉田輝星わずか8球、3カード連続負け越し

日本ハムの吉田輝星がイースタン西武戦に先発した。一軍復帰を占う先発であったが、左飛、二ゴロとあっさり二死をとったまではよかったが、3番バッターに投げたストレートがヘルメットをかすめる死球となり、審判団が競技の結果、危険球退場が宣告されてしまった。
d0183174_09404083.jpg
わずか8球の登板であったが死球を与えるまではまずまずの投球であっただけに惜しまれる死球であったようだ。その吉田輝星、一軍復帰追試の意味もあり8日の西武戦で中継ぎ1~2回の登板が決まったそうだ。果たして追試の結果はどうなのだろうか、一軍では先発投手陣が枯渇しているだけに快投を期待したい。
その一軍であるが、地元にかえってのオリックス戦でまさかの連敗である。先発の加藤貴之が乱調であった。初回、四球、安打で二死1、2塁のピントを招いてしまい、連続タイムリーで2失点、2回もタイムリーで0-3とリードされてしまった。オリックスの先発が山岡だけに3点のビハインドは大きく日本ハムにのしかかったようであったがこの日の日本ハムはちょっと違った。2回裏、渡邊諒が追撃の一発を放つと石井一成が3塁打、宇佐見がタイムリーであっという間に2点をとると、二死1、2塁から谷口がタイムリーを放って3-3の同点とした。
d0183174_09405133.jpeg
しかし加藤がピリッとせず、せっかく同点においついてもらったものの3回に1点、そして4回は連打で5点目を献上してマウンドを降りた。その後試合はすすみ日本ハムは4-6で連敗し、これで3カード連続しての負越しとなってしまった。
ソフトバンクが連敗しゲーム差が開いていないのが救いだがちょっと打線と投手陣がかみあわない試合が続いており、とても優勝争いができる状況ではなさそうだ。
戦力の見直しをし、調子のよい選手起用などを考えて試合をしていくことが重要かもしれない。
今日は旭川でのナイター、先発予定は村田透、どんなピッチングをしてくれるのだろうか、5回までは無失点で抑えてほしいと思うのだが。
将棋の第60期王位戦七番勝負第3局が行われる。豊島将之二冠が連勝しての第3局である。木村一基九段としては第2局が優勢に進めていたのを逆転されてしまっただけにこの第3局、どんな戦いをするのか注目である。
d0183174_09410174.jpg
豊島二冠の先手ではじまった第3局、初手は7六歩であった。相居飛車の重厚な対局とあんりそうな現在であるが果たしてどうなるのだろうか。

by motokunnk | 2019-08-08 09:43 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/27721029
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 吉田輝星、王柏融カンフル剤とし... 藤井七段3連勝、日本ハムは痛い敗戦 >>