人気ブログランキング |

NFL第14週、桃田MVP

NFL第14週が行われた。ドルフィンズは同地区のジェッツとの対戦であった。第4Q残り1分半で逆転のFGを決め、21-19とリードしたが最後にジェッツに44ヤードのFGを決められてわずか1点差での敗戦となってしまった。
試合はほぼ互角であったと思うが、ドルフィンズはTDなしと攻撃陣が1つもTDを奪うことができなかったのが敗因のひとつであったと思う。来季はTDを奪える攻撃陣の整備が必要かもしれない。
ペイトリオッツもちょっと歯車がずれてしまったようだ。例年であれば12月にはいると強さを増していくペイトリオッツであるが今季はここにきて2連敗である。それも負けた3敗がAFCの他地区の首位チームである。
NFL第14週、桃田MVP_d0183174_08565857.jpg
プレイオフで対戦することが予想されるだけに痛い連敗である。地区首位は安泰であるが、AFCのシード順位は2位と1ランクさがってしまった。
シーホークスもラムズにいいところなく敗れてしまい、NFC西地区首位の座を1週間で49ersに明け渡してしまった。直接対決が残っているので首位奪回のチャンスは残っているが第1シードを狙ううえでは痛い敗戦であった。NFLも残り3週、プレイオフ進出争いがますます激しくなってきた。
NFL第14週、桃田MVP_d0183174_08570896.jpg
明日からバドミントンのワールドツアーファイナルズが開催されるが、それに先立ち年間最優秀選手が発表され男子部門で桃田賢斗が表彰された。
NFL第14週、桃田MVP_d0183174_08571772.jpg
男子選手としては初めての受賞であるが今季の桃田賢斗の活躍を観れば当たり前のことかもしれない。
またワールドツアーファイナルズはA、Bの2チームに分かれて予選リーグが行われるがその組み合わせも発表された。男子ダブルスでは園田啓悟/嘉村健士ペア、遠藤大由/渡辺勇大ペアが同じグループにはいりしのぎを削ることとなってしまった。世界選手権のように全種目でメダル獲得を目指してほしい。またそれ以上に全種目での決勝進出(そして全種目制覇)を決めてほしいものだ。

by motokunnk | 2019-12-10 09:00 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/27894234
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 藤井七段あと1勝で決勝T進出、... 日本馬大活躍、日本は惜敗、高梨3位 >>