人気ブログランキング |

2010年 08月 17日 ( 1 )

堀部安兵衛武庸の碑の紹介

仕事ではないが、よく八丁堀界隈に出かけることが多い。その中で、行く場所は霊岸島付近であるが、すぐそばに亀島橋がある。その袂に紹介する記念碑が建てられている。皆さんよくご存知の堀部安兵衛の記念碑である。
d0183174_19254653.jpg

記念碑自体は、昭和44年(1969)8月に地元の八丁堀一丁目町会が建立したそうである。これによると、安兵衛は京橋水谷町に住んでいたそうで、ここから有名な高田の馬場の敵討ちの助太刀にはせ参じたようである。ただ、当時は乗り物などなく本当にここから高田の馬場まで走っていったのかどうかはわからない。その真相は闇の中である。
亀島橋といえば、赤穂浪士が討ち入りの後、定かではないがこの橋を通過して芝高輪の泉岳寺まで吉良上野介の首を携えて行進したようである。確かに、通過してもおかしくない場所に橋は架けられている。道安兵衛にしてみれば昔住んでいた近所を歩いていたことになる。これも何かの因縁なのかもしれないと感じてしまった。
ちなみに堀部安兵衛武庸は「ほりべやすべえたけつね」と読むようである。
by motokunnk | 2010-08-17 19:26 | 記念碑 | Trackback | Comments(0)