人気ブログランキング |

2011年 01月 03日 ( 1 )

しめ飾り(正月飾り)と初詣その3

今日はいただいた年賀状の返信を出しに近所の郵便局まで出かけた。散歩の意味もあり宮益坂にある郵便局まで出かけたが、その途中には正月のしめ飾りをしている家やオフィスがあり目を楽しませてくれた。
d0183174_16554811.jpg

そもそもしめ飾りとは何のためにするのかについて調べてみると
「玄関に飾る。神様の居場所をしめす、とあり構成は
1)しめ縄  稲のワラで編んだ縄で、豊作祈願を意味する。
2)裏白(うらじろ) ウラジロ科のシダは裏が白く、「後ろ暗いところがない」清浄な心をあらわす。
3)御幣(ごへい) 神の力が宿る紙。
4)ゆずり葉 家系が続くことを願う。
5)だいだい 「代々栄える」ようにという意味がある。
6)昆布 「喜ぶ」にかけている。
とある。めでたいものを寄せ集めて飾りにしているようであり、おせち料理にも似ているような気がした。
正月飾りひとつとってもいろいろなことを勉強させられる。
d0183174_16563856.jpg

宮益坂まででかけたので、宮益御嶽神社にお参りしてきた。参拝客は2人ほど、急な階段もあり、老人にはつらいのかもしれない。どこの神社でも見受けられるが、鳥居などにはお飾りが飾られ正月気分をだす演出がしてあった。
帰宅してからTVで箱根駅伝を観戦した。早稲田大学が18年ぶりの優勝であったが、私の興味は地元にある大学がシード権をとることができるかどうかである。
地元からは青山学院大学と国学院大学の2校がでている。そろってでるのは何年ぶりなのかは不明であるが、そろってシード権を獲得してしまうとはビックリした。最後に4校の競り合いとなり、国学院大学のアンカーがゴール直前でコースを間違えたときはビックリした。そこから追い上げて10位でゴールとはリッパの一言、まだ1年生のようであるし今後が期待できそうである。今年の国学院大学は往路も史上初の一桁順位だし、総合でも10位と大活躍であった。来年も期待できそうである。
by motokunnk | 2011-01-03 17:00 | 神社・仏閣・城郭 | Trackback | Comments(0)