人気ブログランキング |

2011年 01月 04日 ( 1 )

瀧泉寺には文化財がたくさんある!

瀧泉寺(りゅうせんじ)といってピンとくる人はそうはいないと思う。「目黒不動」といえば大概の人は知っているはずである。不動明王を本尊とし、江戸五色不動の一つである。江戸三十三箇所第33番札所。関東三十六不動第18番。「目黒」の地名はこの目黒不動に由来する、とする説もあるそうだ。国の史跡指定を受けている青木昆陽の墓がある(私は知らなかったが)。
d0183174_1827017.jpg
さて、新年の挨拶に目黒まで出かけたついでに目黒不動にお参りしてきた。神社・仏閣に興味を持つようになってから、時間に余裕があるときは訪問先の近所にある神社・仏閣などをお参りすることにしている。そんなわけで20数年ぶりに目黒不動をお参りした。当時は当然なかったことであるが、境内のいたるところに安置されている仏像のそばに教育委員会の説明板があり、この明王は○○でなどど説明がなされているので、この説明を読むだけで博学になったような気分となる。また各所に指定文化財の標記があり、何がしかの文化財指定を受けているものが多数あるように思えた。
短時間のお参りであったので詳しくは調べなかったがかなりの数の仏像(建造物も対象)が指定文化財となっていたようである。銅造大日如来坐像(写真左)、銅造役の行者倚像(写真右)などが目黒区指定の文化財となっているので、今度時間を見つけて再度チェックしてみようかとも考えている。
d0183174_18272547.jpg


公式ホームページ → 瀧泉寺
by motokunnk | 2011-01-04 18:31 | 神社・仏閣・城郭 | Trackback | Comments(0)