人気ブログランキング |

2011年 01月 07日 ( 1 )

神社と狛犬その4・白金氷川神社

通勤経路の途中に気になる神社がある。白金商店街を抜けたところに氷川神社という、我家の氏神と同じ名前をした神社がある。氷川神社は全国に数十あるそうでそのつながりは皆無であるとものの本で読んだ記憶があるが何となく気にはなっていた。つい最近機会を見つけて参拝してきたのでブログで報告と言うわけではないが書き留めておくことにする。
d0183174_2072577.jpg

由緒を調べると、日本武尊が東征の折に大宮氷川神社を遥拝した当地に、白鳳時代に創建されたと伝えられる。江戸時代中期の明和9年(1772年)、明和の大火により焼亡し、江戸後期に社殿が再建された。しかし、太平洋戦争末期の昭和220年(1945年)空襲によって江戸後期の社殿が焼亡してしまう。現在の社殿は、昭和33年(1958年)に竣工したものとなる。
社殿自体は火事で2回焼失してしまっているが、境内社としては建武神社、稲荷神社があり、境内は都心としては広い部類と思われる。
さて、狛犬については2種類の狛犬が社殿を守っている。まずは大鳥居のところにある狛犬から。
d0183174_2074975.jpg
こちらの狛犬は台座に皇紀2600年とあるので、昭和15年に奉献されたものと思われる。見るからに凛々しい顔立ち、スタイルである。昭和15年といえば、第2次大戦前夜であり、軍が強い権力を握っていく時代でもあった。やはり狛犬にも強さが求められていたのかもしれない。
さて、石段の上にはなんとも顔つきが個性的な狛犬が並んでいる。
d0183174_2081352.jpg
大鳥居の狛犬よりかなり古い年代に奉献されてものであろうと推察できる。ホントに神社の狛犬ひとつとってみても全てが異なっており見ていて楽しくなる。これでその作成時期やその時代背景まで考察していくだけの知識があればもっと楽しくなるのであろうが、それは後数年に迫った引退後の楽しみとしておくことにする。
by motokunnk | 2011-01-07 20:11 | 神社・仏閣・城郭 | Trackback | Comments(0)