人気ブログランキング |

2011年 02月 28日 ( 1 )

豊栄稲荷神社の庚申塔(こうしんとう)

昨日、たまたま散歩の帰りに豊栄稲荷神社に立ち寄ったところ、今まで気がつかなかったのが不思議だったといわれても仕方がないが、庚申塔の存在に気がついた。何と渋谷区教育委員会の掲示板があり、それによると区指定の重要文化財となっているそうである。
d0183174_20445267.jpg
それによると「庚申信仰は江戸時代に庶民の娯楽を兼ねて流行し、それによって各地に庚申塔が建てられました。二三には十三基の庚申塔が集められていますが、像容はまちまちです。一般的に見られる六臂の青面金剛像だけのもの、その下部に天邪鬼や三猿を配したもの、三猿のみのもの、及び「為庚申供養」と文字だけを刻んだものなどがみられます。これらは町や村の辻に建てられたこともあって、右から七番目の塔には「めぐろ・こんわう遁」と刻まれていて、道しるべを兼ねていました。また、すべての塔の下部に建立者の名前が刻まれていますが、右から三番目のものには渋谷伝左衛門以下同姓の名が見え、旧領主渋谷氏との関連があるかどうか興味がもたれます。」とある。
江戸時代の庶民文化はすごいものを生み出したと思う。また庚申塔群の前には「庚申塔略記」なる記念碑も建てられている。庚申塔ひとつひとつに意味がこめられていることを再認識したしだいである。今の時代で後世に残すものは何かと言われて、ものを残すとしたら何であろうかと考えてしまうのは私だけではないと思う。
by motokunnk | 2011-02-28 20:47 | 記念碑 | Trackback | Comments(0)