人気ブログランキング |

2011年 03月 11日 ( 1 )

宮城県沖地震はM8.8と最大級の地震であった

今日午後3時前の地震はすごい揺れ方であった。たまたま本社の自分の席に座りデスクワークをしていたのだが、あれっ、地震かなと思っていたら突然ゆれがはげしくなり、机の下に隠れることにした。
ゆれはひどく、棚においてあるものが落下したり、壁にある収納スペースの扉が開いたりと、揺れが収まるまでは大変であった。これはどこかで大地震がおきたのではと思い、すぐにネットをみると宮城県沖を震源とする大地震発生というではないか。また津波警報も同時にだされており、そのレベルが半端なものではなく、津波の高さが6m!という表示がされていた。
余震もひどく、気分が悪いという声も聞こえ、さながら戦場のようであった。東京でこの大騒ぎであるのだから、震源地の人たちはさぞかし大変だと思う。お台場では火事が発生したようでちょうどフジTV本社ビルの後から黒煙が上がっているのが見えた。そうこうするうちに午後5時となり、帰宅できる人間は帰宅せよとのこと、バスは動いているが、バス停では長蛇の列なので歩いて帰宅することにした。
d0183174_19595368.jpg
ちょうど本社は地下に駐車場を有しており、その通路には写真にあるように津波を警戒する意味でフェンスがたてられ浸水を防いでいた。
帰宅時には普段は人通りも少ない道を人があふれんばかりに歩いており、警官の「車道は危険!」という声が鳴り響いていた。歩いていて気付いたこと、それはバス停でバスを待つ人の多さと公衆電話の前で通話待ちをしている人、そして交番で道を尋ねている人、いずれも普段は閑散としているがいざ災害が起こるとなくてはならないものになる。無駄といわれている施設も意外と役立つものであることを今回の地震が示してくれた。
さて帰宅してブログに記事を書いているときも余震はあり、我家では猫がびくついている。これからTVニュースでも見て、被害の少ないことを祈ろうと思う。被災された方へ、頑張ってください!
by motokunnk | 2011-03-11 20:00 | 日記 | Trackback | Comments(0)