人気ブログランキング |

2011年 03月 31日 ( 1 )

からくり儀右衛門が泣いている?

先日、鳥居坂教会のお墓を探しに青山墓地に行ったところ(昨日のブログで紹介)、著名な人のお墓を発見した。田中久重のお墓である。田中久重といって知らない人も多いであろう。私もある人の講演を聞くまでは知らなかった。その講演とは、社史研究家の女性が田中久重を講談チックに話しをしてくれたので余計に覚えている。
d0183174_1916530.jpg
からくり儀右衛門と仇名され、江戸から明治にかけて大活躍した発明家であり、今話題となっている福島原発の原子炉の製作会社の基礎となる田中製造所の創設者である。福島原発の原子炉は沸騰水型といわれる原子炉で、これを製造している日本のメーカーは東芝と日立である。田中久重は東芝の基礎をつくった人物であり、写真の記念碑にも東芝の文字が刻まれている。
原発があのようになってしまったことについて東芝に責任はないが、田中久重が生きていたら何を考えているであろう。「知識は失敗より学ぶ。事を成就するには、志があり、忍耐があり、勇気があり、失敗があり、その後に、成就があるのである」という言葉を残しているからきっと起死回生策を考え出し世間をあっといわせるのではないかとこの記念碑を見て感じてしまった。
東芝のホームページ → 田中久重物語
by motokunnk | 2011-03-31 19:18 | 記念碑 | Trackback | Comments(0)