人気ブログランキング |

2011年 06月 21日 ( 1 )

再び汚染水除去システムでトラブル発生

d0183174_19353844.jpgつい2、3日前にもこのブログでも取り上げたが、福島第一原発での汚染水浄化装置でのトラブルが今度は別の機械で発生したようだ。
朝日新聞によると、今回トラブルを起こしたのは、仏アレバ社製の除染装置。幸いにして大きなトラブルではなかったようだが、順調にいっても汚染水浄化は綱渡り状態のようで、この浄化装置が止まってしまうと汚染水はそのまま太平洋に流出してしまうわけで、その汚染水を飲んだ魚や貝類はどうなるのか、そこのあたりの危険性を政府はどう考えているのだろうか。
原発は安全対策が万全になったから再開したいと経済産業省がいうのもわかるような気はするが(このままでは日本経済は疲弊してしまうという意味で)、万一の事故が起きたとき、政府はどう対応するのかその方針をはっきり国民に示して欲しいものである。原因は全く違うが第2の水俣病のようなものが出てきてしまうかもしれない危険が隣あわせとなっているような気がしてならないのは私だけなのであろうか。老い先短い私たちはいいかもしれないが、今の若い世代、子育てをしなければいけない世代に対して十分な説明責任が政府にはあると思う。
なお、図は朝日新聞から拝借した。
拝借した元記事 → 浄化装置またトラブル…今度は除染装置 福島第一原発
by motokunnk | 2011-06-21 19:32 | 日記 | Trackback | Comments(0)