人気ブログランキング |

2011年 06月 26日 ( 2 )

私の夢はかなわず、アーネストリーがレコード勝ち

今年の宝塚記念はブエナビスタVS4歳世代の戦いといわれていたが、その間隙をついて6歳馬のアーネストリーが早めに抜け出してブエナビスタの追撃をしのいで見事に優勝した。おまけにレコードタイムのオマケ付きの完璧な勝利であった。父はグラスワンダーで父子制覇も達成し、佐藤+佐々木コンビにとってはタップダンスシティ以来2度目の制覇となった。
レースはネムラクレセントがリードする中、アーネストリーは2番手追走、直線に入りスルスルと抜け出して後続を抑える完璧なレースであった。ルーラーシップはスタートこそまともであったが最後の足は金鯱賞のときとは違っており、一気に追い込むことはG1では難しいのかもしれない。その分、ローズキングダムは4位となり復活をアピールできたのかもしれない。
ブエナビスタは最強4歳世代には負けなかったが、またシルバーメダル止まりであり、そろそろ繁殖入りの声が聞こえてきてもいいのかもしれない。
話題はかわり、Win5であるが、函館のメインで人気薄のエンシャントアーツが勝利した結果、初めての2億円配当となり、キャリーオーバーも467,188,320円もあるそうである。3枚しか当たらなかったようで、この結果も妥当なものなのかもしれない。これでますますWin5が盛り上がりそうである。

宝塚記念の結果 → netkeiba.com Home Page
Win5関連記事 → ついに出た2億円! 的中は3票
by motokunnk | 2011-06-26 16:33 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

散歩を楽しく/竹橋・九段編:わかろう医学、つくろう健康

先日、常備薬をもらいに近所の医院へ行ったところ待合のポスターに目がいってしまった。そのポスターとは「わかろう医学、つくろう健康」というキャッチでEXPO2011と隅っこに書かれていた。
気になって帰宅し調べてみると、6月24日から26日まで北の丸の科学技術館で開催されているという。科学技術館には行ったことがないので週末の散歩にはちょうどよいかと思い、昨日ブログを書き上げた後に竹橋まで出かけることにした。
東西線の竹橋を降りると毎日新聞社の本社ビルが目に入る。
d0183174_826397.jpg
土曜日ということもあり、エントランスは閉まっているが、平日には記者の人などの出入が激しいのではないかと想像できる。竹橋をわたり、科学技術館をめざす。途中、近代美術館や公文書館などあるが、これは別の機会に紹介するとして北の丸公園内の科学技術館に無事到着する。
イベント2日目とあり、通りからイベント招致のちらしを配る関係者の人の姿も見受けられたが会場も多数の見学者が熱心にパネルなどに見入っており、医学への関心の高さにビックリである。場所柄そして週末ということもあり、子どもを連れてきている若い夫婦が多かったように思える。そもそもは4月2日(土)~10日(日)にビッグサイトで博覧会が開催される予定であったのが、東日本大震災の影響で中止となり、ここでの代替開催にこぎつけたようである。
d0183174_8262122.jpg

Webでも展示内容が確認できる親切な仕組みとなっている。脳梗塞を患った後の私にとっては、このような展示を見ておけば脳梗塞を防げたのではなかったかと思うしだいである(実際は無理であったかもしれないが)。さてフェアはそこそこにして折角ここまできたのだから科学技術館の展示も見て帰宅することにした。入館するのは初めてである。
d0183174_8265646.jpg
d0183174_8264854.jpg
d0183174_8264071.jpg
フロア毎にテーマが決められているようで2階は自転車~自動車、3階はエネルギー、4階は鉄などの素材というように、それぞれの分野毎に展示やシュミレータを使った擬似体験ができる仕組みとなっている。こちらも家族連れがきており、子どもたちがパソコンの前に座ってジョイスティックを真剣に操作している姿を見ると、子どもの科学離れが話題となっているが、その心配はなさそうであると実感した。
科学未来館、科学技術館、どちらもJSTが絡んでいるようだが、日本の科学について教宣することは国力アップという視点ではいいことのように思える。国家予算も厳しいであろうが、予算獲得に向けて頑張って欲しいと思う。なにやら医学の話から国家予算の話になってしまいとりとめのないブログとなってしまった。

わかろう医学、つくろう健康 → 公式ホームページ
科学技術館         → 公式ホームページ

私の関連するブログ → 散歩を楽しく/竹橋・九段編:北の丸公園
by motokunnk | 2011-06-26 08:27 | 美術館・博物館・美術 | Trackback | Comments(0)