人気ブログランキング |

2011年 10月 23日 ( 2 )

シモンチェリ、セパンに死す!

今週はモータースポーツ界にとっては厄日の連続だったのかもしれない。先週のインディカーレースにおいてダンウェルドンが事故死してしまった。そして今しがた、オートバイの国際レースであるMotoGPのマレーシアGPでマルコ.シモンチェリが転倒したところに後続のライダーが突っ込んでしまい、命を落としてしまった。
d0183174_19153852.jpg

まだ24歳、人生これからというときの痛ましい事故である。シモンチェリというと2009年シーズンにMotoGPの250ccクラスで青山博がチャンピオンとなった際のライバルであったという記憶が蘇る。とにかく速さは素晴らしかったと記憶している。2009年シーズンのセパンでの青山とのデッドヒートは今でも印象に残っている。
2008年に250ccクラスでチャンピオンとなりながら、翌年も同一クラスに残って連続チャンピオンを目指していたのを怪我の影響で青山にタイトルを取られてしまったということも思い出される。
2010年からMotoGPクラスで参戦した今年が2年目、今年のチームメイトは青山博で、2人でホンダサテライトチームで頑張っていた。ロッシの後継者とも言われており、ロッシ引退の時期も早まるかもしれないと思う。昨年の富沢祥也に続き、シモンチェリという将来のMotoGPを背負っていくであろうライダーの死に何ともいえない感じがしている。
富沢祥也のときもそして今回のシモンチェリの場合もTVでライブ映像を見て、悪い表現かもしれないが死を確信してしまった。ライブ映像もいいが、事故を目の前で見てしまうという恐ろしさもある。さすがにセパンのTV関係者は事故のリプレィは長い間ながすぅことはなく、それが救いではあった。
シモンチェリの冥福を祈ろう!
写真はhttp://www.motogp.com/enから転載した。
マルコ・シモンチェリ → ウィキペディアから
シモンチェリ記事 → Google NEWS
by motokunnk | 2011-10-23 19:16 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

今度はドイツの人工衛星が落下

先月下旬に米国の人工衛星「UARS」が落下するとの記事が新聞を賑わした。結局、カナダ付近に落下したようであるが、被害はなかったようである。一説には落下場所が特定できなかったとも言われている。いずれにしろ被害がなかったことはよかったのではと思う。
さて今回はドイツの人工衛星「ROSAT」が落下してくるという記事である。本日の午前9時半頃から午後2時頃の間に落下してくると今朝のニュースで報道されていた。文部科学省のホームページでは「ROSAT」落下について「UARS」のときと同様に情報提供をしており、下図も文部科学省のホームページから転載した。
d0183174_802632.jpg

これによると、落下予想時刻に日本上空を通過するのは午前9時半前後の1回となり、日本に落下する可能性は極めて低そうである。昨日の新聞記事によれば地球に落下して人間に当たる確率は2000分の1とか、結構高そうに思えるが、人工衛星が200あり、それが地球に落下した時、その1つが人間にあたる可能性があると考えるとまず心配ない数値ではないかともいえる。
今後は、役目を終えた人工衛星が地上に落下してくることは多くなっていくことが予想される。落下位置の特定などの研究も頑張ってしていただきぜひ精度の高い予報を出してほしいものである。
文部科学省  → ドイツ衛星「ROSAT」の落下に関する情報について
関連ニュース → Google News
by motokunnk | 2011-10-23 08:01 | 最新技術 | Trackback | Comments(0)