人気ブログランキング |

2011年 11月 14日 ( 1 )

物事は順番通り

「親死ぬ、子死ぬ、孫死ぬ」いきなりで恐縮である。これは一休さんの言葉だそうであるが、親が死んでその次に子供が死に、そして最後に孫が死ぬ、物事には順番があって、死を迎えるにあたりこの順番でなくなっていくことが人としては一番幸せであると諭した言葉だそうである。
実は今朝未明に私の義父が亡くなった。他人からみれば89歳の大往生である。名古屋に在住で、今は老人ホームに入っている。先週の金曜日にちょうど89歳の誕生日をむかえ、久しぶりに名古屋の家に帰宅したそうで、老人ホームに帰ってから、風邪をこじらせてあっという間に亡くなってしまった。
昨日の早朝に老人ホームから電話があり、カミさんが受けたところによると、すでに危篤に近い状態であったようである。そして今朝、老人ホームから電話があり、息をしていないとのこと、AEDなどの蘇生はしなくてよいと言ったそうであるが、一応老人ホームのかかりつけの医師が蘇生作業を行ったそうであるが、蘇生は残念ながらしなかったという。
89歳の一生は果たしてどうであったのか、私はここ数年会っていないので聞いたことはないが、多分充実した人生を過ごしたのではないかと思う。後は冥福を祈るのみ、明日家族のみで荼毘に伏すそうである。その時間に遠く東京から合掌しようと思う。私事で恐縮でしした。
by motokunnk | 2011-11-14 19:35 | 日記 | Trackback | Comments(0)