人気ブログランキング |

2011年 11月 26日 ( 1 )

今年も激戦の予感、ジャパンカップの予想

同じ年のドバイWC、凱旋門賞を制した2頭が参戦するのは初となる今年のジャパンカップは見所満載である。凱旋門賞馬のデインドリームは3歳牝馬であり、53kgでの出走はおおきなメリットがあるように思う。また凱旋門賞2着のシャレータも3歳牝馬、これで3着は先のエリザベス女王杯の覇者・スノーフェアリーであったので今年の凱旋門賞は牝馬オンパレードであった。
そしてこの日本でもこの強い牝馬を撃破すべくこれまた女傑と言われる牝馬・ブエナビスタがいる。今年のジャパンカップは牝馬の取捨が課題のようである。ドバイWCの勝馬のヴィクトワールピサは確かに強いが、順調さを欠いての挑戦であるので割り引く必要がある。そして私の本命はデインドリームとした。VTRで見る限り、凱旋門賞の勝ちっぷりが素晴らしいの一言、スノーフェアリーに勝っているのであるから実力は申し分なしと思う。
そして対抗には、ブエナビスタをあげる。去年のジャパンカップはまさかの降着であったが、去年以来勝星に恵まれていないがそろそろ女傑の復活を期待したい。そして3番手にはトゥザグローリーをあげたい。前走の天皇賞では直線であわやとのシーンも演出してくれており、確実に天皇賞のときよりは上り調子の今回、ひょっとするとという期待もある。そしておさえとしてエイシンフラッシュ、ヴィクトワールピサをあげておく。

ジャパンカップの予想
◎ デインドリーム
○ ブエナビスタ
▲ トゥザグローリー
△ エイシンフラッシュ、ヴィクトワールピサ
by motokunnk | 2011-11-26 17:29 | スポーツ全般 | Trackback(5) | Comments(0)