人気ブログランキング |

2012年 05月 14日 ( 1 )

今年のF1は面白い、5戦で全て違うウィナーとマシン!

昨日のスペインGPでウィリアムズのパストール・マルドナドが自身初のポールポールポジションからスタートし、見事にフェルナンド・アロンソの追撃を抑えてF1初優勝を飾った。
ベネズエラ人のF1優勝は初めてのことであり、ウィリアムズとしても2004年以来のF1優勝、今年は何が起こるかわからないF1シーズンとなりそうだ。
スペインGPを振り返ると、予選からして何か歯車が違っていた。ポールタイムを出したハミルトンが失格となり、24番手からのスタートとなってしまった。8位入賞は見事である。見事と言えば小林可夢偉も自己最上位タイとなる5位入賞である。昨年のモナコGP以来の5位であるが、本人に言わせれば表彰台も狙えたという。表彰台が次のモナコGPで果たして欲しい。
アロンソの2位もお見事である。不振のフェラーリの中で奮闘している姿は立派である。意外と3度目のワールドチャンピオンになってしまうかもしれない勢いがある。それにひきかえマッサは15位に沈んでしまっている。シーズン中盤でのドライバー交代がありそうな予感すらある。
そして頑張ったドライバーの一人にライコネンがあげられる。3位表彰台確保はお見事、この調子でいくと、今年6人目の優勝ドライバーとなる日も近そうである。なんだかんだで今年はいつになくF1が面白いシーズンとなっている。誰がこの混戦から抜け出すのか、予想するのが難しい!

AS-WEB → トップ10の談話
by motokunnk | 2012-05-14 19:38 | スポーツ全般 | Trackback(5) | Comments(0)