人気ブログランキング |

2012年 05月 16日 ( 1 )

沖縄返還から40年

昨日で沖縄が米国から変換されて40年が経過した。沖縄県各地で記念式典が開催されたが、変換後40年でどのように沖縄が変わっていったのであろうか。あまり変化していないように思う。
つい最近の例でも、鳩山元首相のオバマ会談での「トラスト・ミー」と沖縄普天間基地の県外移設の矛盾など、歴代の首相はほとんど全員が沖縄の米軍基地の県外移転を口にしている。そして実行した首相はほとんどいないという現実がある。
鳩山元首相の発言に沖縄県民は希望を持ち、「トラスト・ミー」と言われたオバマ大統領は普天間基地の名護への移設が認められたと思ってしまった。それが民主党政権の混迷の第1歩であり、未だにそのツケが精算できていないようである。自民党政権時代にも沖縄の基地負担の軽減を公約としていた時代もあったが、実現された記憶はない。
沖縄県民は県外の人を本土の人というそうである。本土の人とは「信頼がおけないから気をつけろ!」という意味も持っていると現地の人から教わったことがある。大田元知事は昨日の記念式典に参加しなかったそうである。自ら知事時代を顧みて、とても成果がだせたとは思えないから欠席したのだという。
米国の耐中国戦略では、沖縄というエリアは拠点としては最適なのかもしれないが、今一度その考えを改めさせるような努力が日本政府には必要ではないだろうか。いろいろ課題の多い野田政権であるが、頑張って道筋は立てて欲しいものである。

読売新聞(沖縄版) → 沖縄復帰40年
読売新聞 → 鳩山氏また「県外に」…野中氏が直接「恥知れ」
by motokunnk | 2012-05-16 20:23 | 日記 | Trackback | Comments(0)