人気ブログランキング |

2012年 05月 26日 ( 1 )

競馬の祭典、日本ダービー・祐一の悲願達成は成るか?

英国では、ダービー馬のオーナーになるのは英国首相になるより難しいといわれているそうだ。それほどダービーは競馬界にとっては特別なイベントのようだ。
そして今年もそのダービーがやってきた。ゴールドシップとワールドエースの2強対決と騒がれているが、2強以外にも伏兵が多いのがダービーの常である。今年のダービーで特別なことといえば、ワールドエースに騎乗する福永祐一が話題になっていることである。
13回目のダービーで初めて勝てそうな馬にめぐり合ったことで話題となっているのであろう。先日高知で開催された競馬で「来年はダービージョッキーとなってきます」と挨拶したことがワールドエースにかける思いの大きさではないかと思う。その心意気をかってワールドエースを私のダービーの本命とする。
マイルG1までしか実績がなかったディープインパクトの子どもてちであったが先週のオークスでそのジンクスは過去のものとなったので距離は克服してくれると考える。そして対抗にはヒストリカルをあげる。きさらぎ賞での最速のあがりは見事であった。間隔が開いてしまったが毎日杯も強い内容での勝利であったので、ワールドエースを破るとしたらこの馬かもしれない。
そして3番手にゴールドシップをあげる。皐月賞ではコースどりのよさと騎手の判断により大差で勝利したが、広い東京ではワールドエースに対してのアドバンテージはないように思う。そしておさえに、ディープブリランテ、トーセンホマレボシ、アルフレードとした。福永の悲願は達成されるのか、注目である。

日本ダービーの予想
◎ ワールドエース
○ ヒストリカル
▲ ゴールドシップ
△ ディープブリランテ、トーセンホマレボシ、アルフレード
by motokunnk | 2012-05-26 18:29 | スポーツ全般 | Trackback(6) | Comments(0)