人気ブログランキング |

2012年 06月 05日 ( 1 )

天地明察と金環日食

1ヶ月以上も前になると思う。近所の神社の説明板に天地明察の映画の宣伝ポスターが貼られていた。そして、2週間前以上も前になってしまったが、金環日食の日には朝から神社の境内で金環日食を見るために多数の人が集まっていた。
d0183174_1954621.jpg

多分、神社古来のしきたりで天変地異のときはお払いなどすることが多いのでその流れかと思っていたら、「天地明察 金環日食観察」というパネルが貼られているではないか。恥ずかしながら天地明察というのは何のことか知らなかったので調べてみると、映画の宣伝サイトが見つかった。
そのサイトによれば、冲方丁による日本の時代小説で、第31回吉川英治文学新人賞、第7回本屋大賞を受賞し,第143回直木賞の候補となった小説の映画化だそうである。主人公の渋川春海は江戸時代前期の囲碁棋士で天文暦学者であったそうだ。それで天地明察というタイトルも頷けるし、金環食もわかるような気がする。
そしてサイトには、「金環日食キャンペーン」なるものがあり、皆で金環日食マップを作成しようというサイトまで立ち上げられていた。知らなかったこととはいえ、かなり大々的に金環日食が取り上げられていたのだなあと感心してしまった。
調べついでに渋川春海を調べてみると、囲碁がメチャクチャ強かったようである。天文学もそこそこ勉強したようで、品川の東海時にお墓があるそうである。暇を見つけてお墓参りにでも行ってみようかと思っている。

映画のサイト → 天地明察
猫の足跡 → 東海寺
by motokunnk | 2012-06-05 19:55 | 神社・仏閣・城郭 | Trackback | Comments(0)