人気ブログランキング |

2012年 07月 09日 ( 1 )

イギリスGPとインディカーレースとMotoGP

昨日は、モータースポーツファンにとっては、特に海外のレース好きにとってはたまらない日であった。MotoGPのドイツGPにはじまり、インディカーレース第10戦まで、夕方から明け方にかけてのレースである。
あいにくF1を除きケーブルTVでの放送しかないのでしようがないが、まずはMotoGPの結果と感想から。
MotoGPでは3強といわれるライダーがおり、毎レースで接戦を繰り広げている。ドイツGPではホンダのペドロサとストーナーが大接戦を繰り広げ、最終ラップまでドグファイトだったそうだ。惜しくもストーナーが転倒してペドロサの今シーズン初優勝とドイツGP3連勝となった。もう一人のロレンゾは離れた3番手を走行し、採取的には2位となり、ポイントリーダーの地位を守ったレースであった。
ネットのダイジェストを見るとなかなか迫力があったようである。
そしてイギリスGPである。こちらは今回こそは最後まで見届けようと思っていたが、結果はまたも睡魔には勝てずに途中で寝てしまった。ただし、今回は1回目のピットインが終了するまではしっかりと見届けることができた。
その段階ではアロンソがレースをリードし、小林可夢偉もピットイン後、9位を走行していたので、これは入賞間違いなしと思っていた。そして睡魔に襲われて起きたときはTV中継が終了していた。
朝のネットで結果を確認すると、アロンソは2位、可夢偉は11位とのこと、アロンソはソフトタイアが最後まで持たずに、ハードをはいたウェーバーにレース終了間際に抜かれてしまったとのこと、まあ2位でもポイントリーダは維持しているのでチャンピオン目指して頑張って欲しい。
そして可夢偉であるが、2回目のピットインの際にメカニックをはねてしまったそうで、そのせいか11位と惜しくもポイント獲得はできずに、なおかつ罰金まで徴収されたようである。
2戦続いてのトラブル、お払いでもしたほうがいいかもしれない。
そして最後はインディカーレースである。こちらは佐藤琢磨が2戦連続で完走してポイントをゲットしたそうである。本人のコメントによれば、なかなかマシンの調子もよくなく厳しいレースだったそうで、9位入賞でも御の字とのこと、次のレースで頑張るそうである。こちらも表彰台といわずにインディカーレース初優勝を目指して欲しいし、ホンダエンジン搭載マシンであればその可能性は高そうである。

AS-WEB → 【動画】可夢偉「チームに申し訳ない、悔しい…」
AS-WEB → ハンター-レイがトロント戦を制し3連勝
by motokunnk | 2012-07-09 20:09 | スポーツ全般 | Trackback(4) | Comments(0)