人気ブログランキング |

2012年 11月 05日 ( 1 )

F1アブダビGP、大荒れの決勝はライコネン初優勝!

F1シリーズで唯一となる夕暮れスタートの中東のレース、抜き所が少なく予選とスタートが重要といわれているレースである。その予選でベッテル・レッドブル勢は致命的なミスを犯してしまい予選3番手のポジションからテールエンドまでの降格処分を受けてしまった。
これはアロンソにとってはポイントを詰めるチャンスであるし、ベッテルの僚友・ウェーバーにしてみてもフロントローからのスタートとなるので、掩護というわけでなく自身のチャンピオン獲得に対して全力をかけるであろうことは予想された。
また小林可夢偉にとっての悪夢のような15番手(予選結果は16位)からのスタートである。追い上げに期待して入賞目指して頑張ってもらいたいというのが私のレース開始前の願いであった。
いよいよスタート、ポールのハミルトンはクリーンスタートであったが、ウェーバーは痛恨の出遅れ、予選偶数番手に影響がでてしまい、グリッド後方では接触があったようである。可夢偉はドタバタの間にポジションアップしてシングル順位を確保したようだ。アロンソ、ベッテルもポジションアップしている。
9周目にロズベルグとカーティケヤンが接触して、セーフティカーがはいりトップのハミルトン、ライコネンの差が縮まってしまう。再スタートとなり、ハミルトンはリードを拡大していくが、好事魔多しの格言もあり、20周目にトラブルでリタイア。これでライコネンがトップにたち、後続ではベッテルが追い上げている。
レース終盤にはアロンソが2位にあげり、トップを追い上げ、ベッテルはバトンを攻略して3位にポジションアップ、可夢偉も6位でポイント圏内を走行している。そしてゴール、ライコネンが今シーズンの初優勝を飾り、今年のF1優勝者はこれで8人となった。可夢偉も日本GP以来となる6位入賞である!
ベッテル、アロンソのポイント差は10ポイントとなり、2週間後、新設のオースティンでのアメリカGPで戦われる。
新設サーキットということである。何が起こるかわからない今年のF1、まだまだチャンピオンは誰になるのかわからない。
参考URL → キミ復帰後初V。アロンソ&セブ表彰台。可夢偉6位
参考URL → アブダビGP決勝 ライコネンが復帰後初の優勝を飾る!
参考URL → 可夢偉はトラブルを抱えながら素晴らしいパフォーマンスだった

また国内でも選手権シリーズは最終戦をむかえている。昨日のブログでFニッポンについては書いたので割愛するが、全日本ラリーの最終戦も開催された。
ラリーについて興味はそれほどなかったが、今年BS「きずなのチカラ」で足立さやか女史についての特集を見てから彼女のファンになってしまった。彼女の昼間の職業は理学療法士である。私も数年前に理学療法士のお世話になってリハビリをしたので親近感がわいてファンとなってしまった。
八事日赤に勤務しているそうで、ラリーの会場でも献血活動をしているそうである。10月に開催されたモータースポーツジャパン2012の会場でインプレッサが展示されていたことをブログで書いたのもファンとなってしまったことからかもしれない。
その彼女がコドライバーをするインプレッサが全日本ラリー選手権の最終戦「新城ラリー2012」に参戦して初日からのトップを守り見事に優勝、3年連続のチャンピオンとなった。ホームページを見ると、彼女からの感謝のメッセージも載せられており、
「初めての試みとしてラリー会場で献血と赤十字の広報活動を実施していただきました。」
とある。ラリーという競技を通じての赤十字教宣活動、立派なことであり、頭がさがる思いである。
参考URL → [JRC最終戦新城]勝田範彦、3年連続チャンピオン獲得!
参考URL → 全日本ラリー選手権第9戦「新城ラリー2012」結果速報
参考URL → 総合優勝コドラ足立さやかさんからのメッセージ
by motokunnk | 2012-11-05 19:23 | スポーツ全般 | Trackback(5) | Comments(0)