人気ブログランキング |

2012年 11月 13日 ( 1 )

散歩を楽しく/渋谷パルコで「PIECE OF PEACE」展覧会

日曜日、LOFTでマーベル展を見た足で隣にあるパルコでのレゴで作成された世界遺産の展覧会が開催されているのでそちらを見に行くことにした。
パルコといえば、渋谷を代表するショッピングビルとして認知していた。公園通りの名称も代々木公園に行く道という意味とパルコが立地していることから命名されたとも言われている。
現在はパート1とパート3の2棟だが、昔はパート2も存在した(ちょうどパート1から代々木公園へむけ道を隔てたビル)。やはり西武グループの経営不振から売却されたのであろう。
展示会であるが、パルコの3階で開催されている。エスカレータで3階にあがるとすぐ前が展示会場となっているので迷うことなく行くことができる。迷うことなくといえば、パルコに入るとこの展覧会の開催広告が各所に貼られており、パルコとしての意気込みの大きさが伝わってくる。
言い忘れたが、「PIECE OF PEACE」という展覧会は世界遺産をレゴを利用して表現しようとする展覧会で世界遺産条約採択40周年記念として企画された展覧会のようである。PART-3とあるが沖縄、大阪で開催され今回の開催が3回目からPART-3という名称がつけられているようだ。
d0183174_19325635.jpg

また、展覧会場以外にもレゴで作成された世界遺産が展示されており、それらを探すことも楽しみの一つかもしれない。マーベル展とは違い、こちらの展覧会は家族連れが数多く来場しており、広くはない展示スペースは来場者でいっぱい(というほどではないが)であった。
会場は作品をより美しく魅せるためか、照明がおとされて作品が暗闇から浮かび上がっているようなイメージでよりリアルに魅せるような演出がなされていた。撮影可なので、作品と子どものショットを写す家族連れが数多く見られた。
d0183174_19332990.jpg
作品はご覧のような説明パネルがついており、説明パネルには国旗も印刷されているのでこの遺産はどの国にあるのかが一目でわかる。とはいっても国旗から国名がわからなければ意味がないし国名がわかったもその国がどこにあるのか(アジア、アメリカ、ヨーロッパなど)も理解していないといけない。
d0183174_19335184.jpg
d0183174_19341171.jpg

日本にある世界遺産もレゴで表現されている。広島の厳島神社、岐阜の白川郷、日光の社寺では仁王門の中にある仁王像まで再現されているのにいは驚いた(さすがに顔までは無理だが、一応人形が配置されている)。
ピラミッドとスフィンクスもモデル化されている、これを見るとピラミッドの巨大さがよくわかり、子どもたちにその大きさを説明する親がいた。このほか、スペインのカウディの施設群(パンフレットの表紙にもなっている)、タジマハール、ウェストミンスター大寺院など多数の世界遺産が展示されていた。
d0183174_19345717.jpg
作成するのもたいへんであったと思うし、作成したまま移動するのかなあと変なところで疑問を持った。
レゴで作成されているのは世界遺産だけではなく、今人気となっている「トイストーリー」のウッディ、バスライトイヤーの二体がグッズ売り場の前で販促活動に一役かっていた。
d0183174_19352089.jpg
またパルコパート3のショーウィンドウ(パート1に面したサイド)には、エッフェル塔の他に「スターウォーズ」からC3-POとR2D2のレゴモデルも展示されて招客活動をアシストしていた。
参考URL → PIECE OF PEACE
参考URL → PIECE OF PEACE
参考URL → バウコミュニケーションズ(企画会社)
参考URL → パルコ 渋谷店
参考URL → パルコ
参考URL → 株式会社パルコ 企業紹介経営戦略

話はかわり、以前ブログで紹介した東急電鉄の新しいキャラクタの名称が決まったようである。「のるるん」だそうである。東急バスのマスコットが「ノッテちゃん」であるので語呂があっていいかもしれない。何か渋谷でライバル関係となっている(と私は思っている)東急と西武の話題となってしまった!
参考URL → 不思議なポスター「Joint!」
参考URL → 東急線マスコットキャラクターの愛称が「のるるん」に決定!
by motokunnk | 2012-11-13 19:37 | 美術館・博物館・美術 | Trackback | Comments(4)