人気ブログランキング |

2013年 01月 24日 ( 1 )

渋谷の歴史の展示会?

昨日の夕飯時、カミさんから「みやした公園」の名称の由来についての話があった。なんでも青山通りと明治通りの間には宮家の邸宅がありその名残りでみやした公園という名称になったとか。戦前の話はよくわからないのでそうなのとつれない返事をすると、このような展示があることを教えてくれた。
「東横店 懐かしの時代展」である。東館各階や西館を結ぶ1階連絡通路では懐古写真展「写真でたどる渋谷の街と東横店の軌跡」との報道もあり、今日から2月6日までの予定で展示がスタートするようだ。この他にも指定日の新聞コピーサービスや当時のBGMを流しての営業、制服など昭和初期を思わせる演出が多々あるようである。
週末は天気もよさそうなので久しぶりに東横店の散策にでかけようと思っている。ちなみに夕飯の時、話題となったみやした公園の名称の由来であるが、宮下パーク商店会のページには次のような説明がある。
「宮下町:もとは豊多弁郡渋谷町大字青山北町7丁目・大字上渋谷字町裏・大字中渋谷字宇田川の各一部で、渋谷町の大字として成立。命名の由来は皇族梨本宮邸の下の区域であることによる。昭和7年渋谷区の町名となる。昭和40~41年現行の神宮前6丁目・渋谷1丁自の西半部となる。宮下公園にその名をとどめる。」
カミさんの言うように皇族梨本宮邸があったようである。また、日経新聞には「渋谷駅は1日にしてならず」という記事もでている。読むとなかなか面白いし、歴史がよくわかる。こんな本も出版されている。
d0183174_1922442.jpg

参考URL → 「東横店 懐かしの時代展」開催-写真展・制服復刻など
参考URL → 東横店 懐かしの時代展
参考URL → 明治通り宮下地区の歴史
参考URL → 渋谷駅は一日にして成らず 「谷底」変遷から見える過去と未来
参考URL → SHIBUYA 202X 知られざる渋谷の過去・未来
by motokunnk | 2013-01-24 19:22 | 日記 | Trackback | Comments(0)