人気ブログランキング |

2013年 02月 17日 ( 1 )

散歩を楽しく/鍋島公園の梅と松涛美術館の公募展

昨日は風も強く、冬真っ盛りであった。体感気温は低かったが、カイロで武装して、梅の花を探しに近所をぶらつく事にした。思いつく場所といえば鍋島公園、歩いて20分弱の場所である。
鍋島公園(正式名称は鍋島記念公園だそうだ)は桜の名所として界隈では有名だが、梅が咲いていたという記憶はなく、心配であったが、1本の紅梅が見事に花を咲かせているのを発見した。
散歩を楽しく/鍋島公園の梅と松涛美術館の公募展_d0183174_8424453.jpg

桜の名所は数多くあるが、梅の名所は限られており、水戸や小田原が関東地方では有名だが、都内であればちょっと思いつかない。やはり冬に咲く花を観賞するのは一般的ではないのかもしれない。
鍋島公園まで来たので、松涛美術館に立ち寄って帰宅することとした。松涛美術館では17日まで、公募展が開催されている。今年は169点の応募があり、審査の結果94点が入選となり展示されている。
その中で8点が受賞作品に選ばれ、「ケープタウンのニックさん」という作品が大賞に輝いたようである。94点の作品はどれも力作で、絵は苦手な私ではとても描けそうもないない作品ばかりであった。
散歩を楽しく/鍋島公園の梅と松涛美術館の公募展_d0183174_843122.jpg

また別の展示室では、「渋谷散歩」と題された松涛美術館所有の作品が展示されていた。主として渋谷区に在住の作家の作品が中心であった。夢二の作品も5点(いずれも雑誌の表紙のようだ)あっった。
散歩を楽しく/鍋島公園の梅と松涛美術館の公募展_d0183174_19572540.jpg
各展示とも目録も用意されている。無料公開しているので得した気分となった。さて今日の散歩はどこへ行くかこれから考えることにする。
参考URL → 松涛美術館
by motokunnk | 2013-02-17 08:46 | 美術館・博物館・美術 | Trackback(1) | Comments(0)