人気ブログランキング |

2013年 03月 25日 ( 1 )

F1マレーシアGPはレッドブルの1、2フィニッシュだったが遺恨も?

2013年F1第2戦のマレーシアGPがオーストラリアから連戦で開催された。昨年も同じスケジュールでこの後1か月ほどの休みがあって第3戦となるスケジュールも昨年と同じである。
予選はオーストラリアGPではレッドブルがフロントローを独占したが、今回はフェラーリ勢が間に割って入り、マッサがフロントローを確保した。2013年版のフェラーリは前年版と違って速そうである。
第2戦は雨のGPとなりスタートしたが、3番手のアロンソがベッテルに追突してしまい、フロントウィングを壊して早々にリタイアしてしまう。ウェーバーが前戦とは違ってスタートを決めて2番手に進出してレッドブルが1、2を構成してレースは流れていく。
そうこうするうちに雨も上がって各社タイヤ交換でピットイン、その間にウェーバーがピットインのタイミングでトップにおどりでてレースをリードし、ルーチンのピットインが終わってレース終盤までリードを保つ。
レッドブルが終盤1、2位を占めてこのまま終了するのかと思っていたが、2番手のベッテルがトップのウェーバーに追い越しを仕掛けてこれで順位が逆転してレッドブルの1、2であるが順番はベッテル、ウェーバーとなってしまい、表彰台では笑顔なしであった。
後でネットニュースをみると、レッドブルチームからは無線で順位を守れという指示があったとか、なんとなく後味の悪いレースであったが、見ている者としては終盤の手に汗握るデッドヒートはわくわくさせるシーンであった。ウェーバーにしてみれば久しぶりの優勝を逃してしまったことへのベッテルへの怒りがこみあげてそのような表情になったのだと思うが。
また、メルセデスでも同様のチームオーダーがでていたそうだ。こちらは、ロズベルグがオーダーに従ってハミルトンが表彰台に上がったが、何となくハミルトンの表情も優れなかったのはそのためだそうだ。いろいろとチームから指令がでたレースだったようだ。
レッドブルが速さを見せつけた序盤であったが、1か月のインターバルで他チームもマシンをレベルアップしてくるであろうから、どんなF1勢力図になるかは第3戦以降をみないわかりそうもない。4月14日の中国GPが待ち遠しい。

さて未明に行われたインディ開幕戦、セント・ピーターズバーグ市街地でのレースはジェイムズ・ヒンチクリフの初優勝であった。フロントローからレースをした佐藤琢磨であったが、序盤はその地位を守ったものの、中盤でフロントウィングを破損してしまい、16位まで従二を落としてしまうが終盤に追い上げて8位入賞で開幕戦を終えた。
まずまずの結果ではないかと思う。琢磨の談話では「たくさんの課題が見つかったレースだったけれど、8位まで挽回してゴールができた。これはチームの頑張りのおかげなので、それには感謝します」とある。新チームでむかえた開幕戦、とりあえずシングルフィニッシュできてよかったのではと思う。

最後に大相撲の話題をひとつ。昨日、大相撲の春場所が白鵬の全勝優勝で幕をとじた。初場所、日馬富士の全勝優勝で限界説まででた白鵬であったが、見事に復活の全勝優勝を決めた。この春場所は記録ずくめだったようで、全勝優勝9回は史上初、優勝24回も史上4位だそうだ。
そして今回ブログで書きたかったことは、白鵬の土俵下で恒例となったNHKのインタビューでのことである。実際にそのインタビューは見ていなかったが、夜の番組でこの発言があったことを知った。
「大鵬さんにこの優勝をささげたい。みなさん1分間、黙祷(もくとう)してもらえませんか。」なかなか言えないセリフである。いくら “角界の父”として敬愛する元横綱大鵬であったとしても黙祷まである意味強要したわけで、場合によれば非難される発言であったかもしれない。
ただ、白鵬の人柄と大鵬の偉大さが美談(?)として報道されているのであろう。普段からの言動に非がない白鵬ならではの美談だと思う。

参考URL → レッドブル勢がワンツーフィニッシュ
参考URL → 残った遺恨。チームメイト同士のバトルの難しさ示したマレーシアGP
参考URL → ヒンチクリフがインディカー初勝利で開幕戦を制す
参考URL → 「大鵬さんにこの優勝ささげたい」白鵬、恩返しの黙祷
by motokunnk | 2013-03-25 19:19 | スポーツ全般 | Trackback(5) | Comments(0)