人気ブログランキング |

2013年 04月 02日 ( 1 )

国民栄誉賞ダブル受賞と私的ながら緑内障問題が止まらない!

昨晩のニュースで元巨人の長嶋名誉監督と松井元選手の国民栄誉賞ダブル受賞が放送されていた。何でこの時期というのが直感であった。そもそも国民栄誉賞自体がどんな賞なのかを調べると
「福田赳夫政権下の77年に創設された。規定によると、表彰の対象は「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があったもの」。最初の受賞者はプロ野球の王貞治さん。受賞者には表彰状や盾、記念品が贈られる。」
とあり、要は現職の総理大臣が発意して内閣府が段どるようである。内閣府にもホームページが用意されており、過去の受賞者一覧もある。それによるとNPB関係者は過去2名受賞している。王貞治氏と衣笠祥雄氏である。この2名はともに本塁打と連続試合出場という世界記録を達成した後に受賞が決まっている。
松井選手と長嶋さんについては何でこの時期という疑問は残るが、まあ国民栄誉賞自体が言い方は悪いが総理大臣の人気取りに近いものだけに目くじらをたてて反対すべきものではないと思う。安部首相が人気取りとはやはり参議院選挙を見越したのかもしれないとかんぐられてしまう。それより5月5日に松井元選手の引退セレモニーが開催されることのほうが大きな問題なのかもしれない。主催が巨人軍である。確かに巨人に在籍していたが、引退したのは別の球団であった選手の引退セレモニーをシーズン中に行うということも観客動員狙いと思われてしまうのではないか。
さて国民栄誉賞がらみの話題はこれくらいにして、次は私の目の病気についての進展状況についてのお話しを少々。昨日、近所の医療センターで緑内障の検査をしてきた。約半年前に検査をしたことはブログで紹介した通りであるが、その際眼圧を下げる点眼薬を処方してもらった。
それから3か月おきに眼圧を測定しに医療センターまでいっているがとんと眼圧は下がっていない。昨日の眼圧は左目が18、右目が18mmHgで本で調べた眼圧の正常値の範囲に入っているのであるが、主治医の先生はターゲットは13mmHgだという。
サイトを調べてみると、一応「正常な眼圧はどのぐらいなのでしょうか? 人種によっても眼圧は少し変わるようですが、日本人の場合には眼圧は10mmHg ~12mmHgぐらいと言われています。」と書かれているサイトもあり、主治医のいう13mmHgも根拠のない値ではなさそうだ。そこで今回は点眼薬を変えてみることにした。ルミガンという点眼薬で充血などの副作用があるようだ。
d0183174_19321360.jpg
下の写真は通販サイトからの転載である。蛇足ながらルミガンという点眼薬はネット上で大人気の薬のようである。副作用にある「まつげが伸びる!」というのでまつげの短い女性に人気があるそうでその専門サイトも数多く立ち上げられていた!
まつげを長く、太くしたいという願望は大きそうだ。点眼薬を変えたことによりまた雑学を一つ仕入れてしまったようだ。
参考URL → 「国民栄誉賞W受賞」エッ!安倍首相「松井にあげたい」
参考URL → 巨人師弟コンビ「国民栄誉賞」に疑問の声
参考URL → ルミガン点眼液0.03%
参考URL → 眼圧とは?(正常値・異常値)
by motokunnk | 2013-04-02 19:35 | 日記 | Trackback | Comments(0)