人気ブログランキング |

2013年 08月 02日 ( 1 )

震災対策万全の警視庁航空隊新施設と懲りない麻生副総理

休暇をとっていた昨日夕方のニュースで警視庁航空隊の新庁舎が完成したことが報じられていた。江東区新木場にある東京ヘリポートに面した施設だそうで、東日本大震災で重大な被害を受けた仙台空港の教訓を活かした施設となっている。
自家発電機や司令室などは1階ではなく、津波に襲われたときでも大丈夫なように2階以上に設置されており、また格納庫もしっかりとしたつくりとなっているようだ。緊急発進するたまには数十分の時間が必要といわれているが、この時間をかせぐだけの仕組はたぶんできているのだろうと思う。
d0183174_18553157.jpg

東京ヘリポートには警視庁以外にも消防庁や民間のヘリコプタ基地があるようだ。東京ヘリポートは東京都の施設なので警視庁航空隊も施設があるのは当然といえば、当然のことかもしれない。
こちらは過去の教訓を参考にした事例であるが、この人の場合は過去の失言を忘れたかのように失言を繰り返すタイプなようだ。そして今回の失言は世界中で避難の嵐が吹き荒れているし、正確な理解なしに発言したようだ。
麻生副総理のナチス発言、擁護しているの橋下市長のみのようである。同じ改憲論者としては擁護しなければいけないのかもしれない。この人も従軍慰安婦など暴言や失言が多いことで有名ではある。麻生副総理の失言、今回で何回目となるのだろう、懲りない性格なのだろうか、馬鹿につける薬はないというが、失言防止につける薬もないということか。
参考URL → 警視庁航空隊の新庁舎が完成、開所式
参考URL → 東京都東京ヘリポート
参考URL → 麻生氏ナチス発言 撤回で済まない重大さ
by motokunnk | 2013-08-02 18:56 | 日記 | Trackback | Comments(0)