人気ブログランキング |

2013年 09月 04日 ( 1 )

今度はこの2種類となった点眼薬

先日緑内障の定期検査に行ってきた。今回はインターバルが2ヶ月だったのは単に主治医が間違えただけであったようだ。いつものように眼圧測定、思ったように眼圧は下がっていなかったようである。
目標眼圧が13、私の眼圧は15なのであと2ポイントさがることが必要といわれてしまった。そして今回はOCTなる検査もしてしまった。
早速、帰宅しネットで調べると「眼のCT・MRIともいえるOCT(Optical Coherence Tomography:光干渉断層計)のことだそうで、、OCT では網膜の断層を撮影でき、わずかな変化さえ検出できるようなります。」とある。
主治医が経過観察しましょうといっていた意味がこれでよくわかった。といことは毎回OCT検査をやるのだろうか、次回検査のときに聞いてみることにしよう。ところでまた点眼薬が変わって「コソプト配合点眼液」なるものとなった。
相変わらず「ルミガン点眼薬」はそのまま処方され、2種類目が「ミケラン」から「コソプト」に変更された。今回の点眼薬は朝晩2回点眼する必要があるので、ルミガンは入浴前、コソプトは夕飯前と決めて点眼するようにしよう。
d0183174_1845334.jpg

緑内障治療で2種類の点眼薬を利用している人は少ないのかなあとこれまたネットで調べると、けっこう多数の患者さんが2種類の点眼薬を処方され毎日点眼しているようだ。私が特殊ではないことがわかりある意味ほっとした。
今日は終日外出していたが、ニュースで見る積乱雲が綺麗に見えた。と言うことはふどこかでまた竜巻などの被害があるのではないかとあんじていたら、栃木県で竜巻が発生したようである。相変わらずの異常気象、何でも9月6~9日の間に関西地方でM7~8クラスの地震が発生するという予報を出している研究者もいるようだ。
参考URL → コソプト配合点眼液
参考URL → ルミガン点眼液
参考URL → OCT検査
参考URL → 栃木で竜巻、2人けが=建物に被害、高知でも
by motokunnk | 2013-09-04 18:48 | 日記 | Trackback | Comments(0)