人気ブログランキング |

2013年 09月 23日 ( 1 )

止まらないベッテル、4年連続のF1チャンピオンへまっしぐら

F1シリーズで唯一の夜間レースとなっているシンガポールGPが開催された。ポールからスタートしたベッテルは、スタート直後、ロズベルグにからまれたことを除くと、ルーティンのピットインの際以外はトップを譲らず、終始独走でシンガポールGPを制した。
今年7勝目、2位アロンソとのポイント差を60ポイントとしてほぼ4年連続のチャンピオンを決定したといっていいような圧勝劇であった。後はレース中の怪我が心配だが、今のベッテルを見ている限り心配はなそそうである。このレース、3位に入ったライコネンは痛み止めをうちながら予選13番手からの追い上げを見せた。
来年はフェラーリ復帰が決まっているので来年、アロンソとのコンビで打倒ベッテルが果たせるか、注目である。話題が来年の話になってしまった!
参考URL → シンガポールもベッテル完勝、表彰台にライコネン
by motokunnk | 2013-09-23 08:33 | スポーツ全般 | Trackback(2) | Comments(0)