人気ブログランキング |

2014年 05月 16日 ( 1 )

集団的自衛権容認について

昨晩からマスコミでは安倍首相の会見についての解説で大賑わいである。自衛隊ができたときから課題となってきたテーマであり、いつかは真剣に考えなければいけないテーマである。
中東紛争時に自衛隊の派遣が国連から要請されたときに、政府は派遣を承諾するとともに、平和維持活動に限定するとのコメントをつけていたと思う。万一、平和維持活動といって紛争に巻き込まれた場合はどうしたのであろうか。たぶん武器をもって反撃したのであろう。
d0183174_904718.jpg
d0183174_91182.jpg

専守防衛という言葉を聞くことが多い。「要は攻められてきたら守る」ということであり、攻められる可能性があるから攻撃することは許されていないのである。集団的自衛権で安倍首相は2枚のパネルを使って説明したそうである。このような場合、自衛隊は国民を守れない。自衛隊は日本国土を守るという意味で組織されているのであるからしょうがないのかもしれない。

南シナ海で起こっている、中国とベトナム、フィリピンの小競り合いがいつ紛争に発展するとも限らねい。特にフィリピンの場合はアメリカとの同盟関係があり、フィリピンが攻撃された場合はアメリカが防衛の一翼を担うと思われ、当然日本にもサポート要請がくると思う。そのとき日本政府はどう対応するのであろうか、ケーススタディとして考えてみる必要はあると思う。
日本の自衛隊は海外から見れば軍隊であることは間違いないことは理解しておく必要があるし、平和維持活動をしていて隣の兵士が襲われたときにその兵士を助け、共通の敵を攻撃することは人として当たり前の行為だと思うのであるが。
さて、ベトナムでは反中デモが暴徒化して工場団地内の中国施設が襲われているそうだ。AFC女子サッカーアジア杯がベトナムで行われており、日本からも応援に行っている人もいる。今日はベトナム戦であるが、治安はどうなのか一抹の不安はある。ニュースではヨルダンとの最終戦が開催されるスタジアムが暴徒が襲撃した団地近くということで不安視しているが、まあさほどの心配はなさそうである。
それよりはベトナムは初めてのW杯出場にむけて全力をあげて日本を倒しにくるはずである。なでしこジャパンも格下といって安心するのではなく、100%の力で相手を撃破する心意気で戦ってほしい。
参考URL → 集団的自衛権・イラスト転載サイト
参考URL → 反中デモ隊が暴徒化
by motokunnk | 2014-05-16 09:03 | 日記 | Trackback | Comments(0)