人気ブログランキング |

2014年 10月 29日 ( 1 )

エボラ出血熱、MLBそしてなでしこジャパン

エボラ出血熱の疑いがあったジャーナリストは陰性でよかったが、そのことで我が国のエボラ出血熱対策が脚光をあびるようになった。マスコミ等でエボラ出血熱対策を特集するようになり、いろいろなことがわかってきた。
d0183174_19034536.jpg
また、Q&Aのサイトもあるし、日本人看護師で西アフリカに行き、エボラ出血熱患者の看護をした人のインタビューも掲載されるようになった。記事を読むと数々の修羅場に遭遇したようだ。ただまた西アフリカに行く計画だそうで、看護師の鏡のような人である。
さてMLBのワールドシリーズ第6戦、後がなくなったロイヤルズ、地元に帰ってどう戦うかが興味であった。あいにく出勤日だったので中継はみていない(夜のダイジェストを観ることにしよう)が、2回裏に打線がつながって一挙に7点をあげて試合を決めてしまったようだ。
打撃不振であった青木も2回裏にはタイムリーを放って打点をあげる活躍だったという。これで3勝3敗の五分となりいよいよ残すは1試合。
d0183174_19035151.jpg
明日の試合でチャンピオンが決定する、どちらが勝つにせよいい試合であることを期待したい。本音を言えば、ロイヤルズが勝つほうがうれしいのだが。
そしてなでしこジャパンのカナダとの親善試合も行われた。こちらも新聞情報であるが、大儀見、永里姉妹がそろってゴールをあげたそうだ。試合はロスタイムに同点に追いつかれたあと、鮫島のゴールで3-2でカナダを連覇したそうだ。
d0183174_19035810.jpg
やはり、W杯組はいざというときに力を発揮するようだ。あと1年で本番のW杯であるが、メンバーの底上げは大丈夫であろうか、ニュースで流れるのはW杯、五輪組の選手である、ちょっと心配である。

by motokunnk | 2014-10-29 19:05 | 日記 | Trackback | Comments(0)