人気ブログランキング |

2014年 11月 04日 ( 1 )

F1アメリカGP、ハミルトン5連勝でチャンピオンに近づく

ハミルトンが予選2番手からポールのロズベルグを24周目に追い抜き、その後リードを保ちながら今シーズンの10勝目を自身初となる5連勝で手繰り寄せた。
これでチャンピオンシップポイントは316点となり、ロズベルグと24点差のトップをキープし、2度目のチャンピオン奪取の視界は良好となった。
d0183174_07405202.jpg
3位はリカルドがはいったが、私から見ればあまり変わり映えのしない上位であった。ケータハム、マルシアをF1下位チームが欠場したのもF1は金がかかることの証明であった。もう少し金のかからない方法があってもいいような気がするのだが。
小林可夢偉がアメリカGPを訪問していたみたいが、ストーブリーグでも蚊帳の外のようだし、このままではF1から日本人ドライバーがいなくなってしまう。ちょっとさびしい出来事である。

by motokunnk | 2014-11-04 07:42 | スポーツ全般 | Trackback(3) | Comments(0)