人気ブログランキング |

2016年 02月 04日 ( 1 )

岸記念体育館も移転決定、たばこと塩の博物館は新天地で開館

先日、NHKのニュースで岸記念体育館の移転が放送されていた。建物老朽化が主要な要因だそうで、2020年のオリンピック開催までに新国立競技場のそばに移転するようである。
d0183174_08433927.jpg
JR山手線の渋谷駅から原宿駅に向かう車窓から見える白い建物が岸記念体育館で、よく散歩の道すがら脇を通過したものである。
移転するということでじっくり眺めることにした。敷地内にはじめて入ると、正面に銅像があった。岸清一と名前を確認することができた。この人が岸記念体育館の建設に尽力した人のようである。
d0183174_08434898.jpg
帰宅し、ネットで調べると「大日本体育協会会長、IOC委員を歴任した岸清一博士の遺言に基づいて建設された岸記念体育会館。1941年に建設された神田・駿河台の初代・岸記念体育会館から、現在の渋谷区神南に移転したのは東京オリンピックの直前、1964年7月のことでした。その後、JOCや日本体育協会、多くの国内競技団体の本部があり、日本スポーツ界の総本山となっています。」とありもともと岸記念体育館は神田にあったようだ。
渋谷区役所も仮庁舎での営業がはじまり、解体工事がスタートしたとみえて仮囲いも組まれ、建物もシートで覆われている。また公園通りにあった「たばこと塩の博物館」は閉館し、新博物館がスカイツリー近辺で開館したとの垂れ幕が掲げられている。
d0183174_08435777.jpg
渋谷の街並みもどんどん変化していっていくようである。ちょっとさびしい気もするが新しい施設にも興味があり、さびしさと楽しみが半分といったところであろうか。
参考URL → 岸記念体育会館
参考URL → 岸記念体育館 新国立競技場近くに移転へ
参考URL → 岸清一
参考URL → たばこと塩の博物館

by motokunnk | 2016-02-04 08:45 | 街の風景 | Trackback(42) | Comments(0)