人気ブログランキング |

2016年 07月 25日 ( 1 )

IOCのロシアに対する制裁措置

一連の国ぐるみのドーピング疑惑に対してIOCはリオ五輪参加に厳しい姿勢を打ち出したが、ロシアからすればそこそこの救済措置もある決定であった。
d0183174_08544910.jpg
あと2週間もないリオ五輪開幕直前で、ロシアとしては参加は可能だが、参加する選手はドーピング違反をしていないことを国外の機関が証明しなければならず、参加選手・団体はその対応が厳しいものであろう。
ただ最悪の場合はリオ五輪参加ができなかったことを思えば、ドーピング違反をしていない選手には参加の路が開けたわけでロシアにとっては明るい材料ではある。
国ぐるみで違反行為をしていたわけであるから、その体制をかえない限りはドーピングはなくならないであろう。この機会をとらえてスポーツ全体の見直しをすることがロシアに求められていると思う。
さてF1、WECと世界選手権が2レース行われた。F1は第11戦のハンガリーGPである。予選で10位以内に2台のマシンがはいったマクラーレン・ホンダであったが、決勝レースでは明暗がわかれてしまい、アロンソは1ラップ遅れの7位に入賞したが、バトンはリタイアに終わった。優勝はハミルトンでチャンピオンシップポイントでもロズベルグを逆転してトップにたった。
WECは第4戦、ニュルブルグリンク6時間レースが行われた。トヨタは2台が参戦したが、予選からアウディ、ポルシェの速さに圧倒されてしまった。レースでもいいところなくポルシェ、アウディとバトルすることなく5、6位に終わってしまった。
高速サーキットではないニュルブルグリンクではその速さが見せつけられないのかもしれない。
日本ハムも連勝が5でストップ、ソフトバンクとのゲーム差も再び4.5となってしまった。チャンスは作るがタイムリーがでない試合では勝つことは難しい。地元での連勝も止まり心機一転、火曜からの西武戦で巻き返してほしい。

by motokunnk | 2016-07-25 08:56 | 日記 | Trackback | Comments(0)