人気ブログランキング |

2017年 12月 22日 ( 1 )

NFLも後2週、箱根駅伝もあと10日、そしてA級順位戦

NFL第16週が日本時間の日曜日にはじまる。第15週が終わり、お正月からはじまるポストシーズン進出チームの顔ぶれが徐々に決まりつつある。
AFCではペイトリオッツ、スティーラーズ、ジャガーズの3チーム、NFCではイーグルス、バイキングスの2チームがポストシーズン進出である。
残された椅子はAFC3つ、NFC4つである。AFCでは2つの椅子を巡って、チーフス、タイタンズ、ビルズ、レイブンズなどが争っている。いずれのチームもここまで8勝6敗と同率であり、地区優勝を狙うチーフスは勝利かつ2位チーム敗戦で地区優勝が決まる。
ただワイルドカード進出の2チームはやはり最終戦までもつれ込むようだ。個人的にはAFC東地区のビルズに進出してもらいたいが、残る2試合が同地区対決(しかも敵地での対戦)、果たして連勝なるだろうか。
一方のNFC、西地区のラムズは勝つか引き分けで地区優勝が決まるだけに心理的には余裕がありそうだ。南地区ではセインツとパンサーズが10勝4敗で並んでいるがセインツの方が順位決定では優位なポジションにあり試合に勝てばプレイオフ進出は決まる。
南地区、3位のファルコンズも9勝5敗、残る2試合はセインツ、パンサーズだけに大逆転もありえそうな雰囲気はある。いずれにしろ第16週はすべての試合から目が離せない。
お正月の風物詩といえば箱根駅伝であるが、関東学生連合チームから東大生ランナーが出場する予定だそうだ。工学部の近藤秀一選手だそうで、昨日本郷キャンパスで行われたシンポジウムで日本ハムに入団した宮台康平とともに登壇した。宮台は実家が平塚だそうで、毎年箱根駅伝は沿道から観ていたという。
d0183174_09284876.jpg
来年は1区で走ることがほぼ確定している近藤の応援をしに大手町まで遠征するそうだ。20kmを1時間未満で走る近藤、注目してみたい。
将棋の76期A級順位戦、羽生善治二冠は残念ながら負けてしまい5勝3敗となってしまった。稲葉八段のうまい指しまわしに中盤からリードされてしまったのが敗因のようである。
残すは2戦、羽生二冠は一足早く10局を終えるだけに2連勝して7勝3敗で終了して他の棋士にプレッシャーをかけたいところだと思う。
同じ将棋の朝日杯将棋オープン戦、本戦の組み合わせが決まったようで、藤井聡太四段んの1回戦の相手は澤田真吾六段だそうだ。昨年の大会でベスト4進出した実力者だけに熱戦が予想される。
その藤井四段、23日には叡王戦本戦1回戦に登場する。対局相手は深浦九段、またまた現役A級棋士との対局である。どの対戦も強敵ばかりであるが実力発揮でのびのびと将棋を指してほしい。

by motokunnk | 2017-12-22 09:29 | 日記 | Trackback | Comments(0)