人気ブログランキング |

2018年 03月 24日 ( 1 )

日本ハム懸念続出、大坂敗戦、錦織は辛勝

開幕まで1週間、プロ野球各球団は開幕投手に予定している投手が先発した。日本ハムはロドリゲスであったが、初回バレンティンにいきなり先制2ランを打たれてしまった。ただ、2回以降は立ち直り、特に3、4回は三者凡退におさえるなど、5回を投げ2失点のまずまずの投球であった。ランナーはだすが、後続はおさえるピッチングができていたようだ。
開幕をまかせられる目処が立ったと思う。2番手以降の投手には明暗がわかれた。宮西は順調に仕上がっているが、その以外の3投手には課題が残った。とくにクローザをまかせる予定の石川直也は散々であった。
6-3とリードした9回のマウンドにあがったがいきなりの連打で無死2、3塁のピンチを招いてしまった。3点のリードがあるのだからランナーは度外視してアウトを3つとることに専念すればいいのだがおさえようとする気持ちだけが空回りしてあっという間に6-7と逆転されてしまった。
まだ一死2塁のピンチではあったが、後続は三振におさえたがこのピッチングをもう少し前から魅せてほしかった。
一方の打線は好調である。ヤクルト先発のブキャナンからアルシアのタイムリーで1点を奪うとその後も何度も同点のチャンスをつくるがタイムリーがでなかった。
しかし4番手の由規から6回に横尾が逆転2ランを放って3-2と逆転すると7回には中田がタイムリーで4-2、そして8回には西川が2ランと追加点をあげた。
d0183174_09242787.jpg
そして敗色濃厚の9回裏は代打の切り札矢野が同点タイムリーを打って試合は7-7の引き分けに終わった。
栗山監督のクローザー候補は誰なのであろう、鍵谷が故障離脱、石川直也は不安定、トンキンに任せるのであろうか。残すテストは2試合である。今日の9回、マウンドにはだれがたっているのだろう。
マイアミオープン2回戦、大坂なおみは体調不良だったようで、エリナ・スビトリーナに4-6、2-6のストレートで負けてしまった。なんでも前日から吐き気がする体調だったそうだ。
敗因がしっかりわかっているので、今後は体調管理をしっかりして次の試合に臨んでほしい。
一方、同じマイアミオープンの2回戦に錦織圭が登場した。BNPパリバ・オープンは体調不良で欠場していただけにどんなテニスをしてくれるのか注目してTV観戦した。
第1セット、先にブレイクされた錦織は2-5とリードされてしまうが、ここから巻き返し最後はタイブレイクを制してこのセットを奪った。ただ錦織は久しぶり試合なのか、サービス、ショットに正確さを欠くことが多く、第2セットは2ゲームをブレイクされ4-6で失ってしまった。
d0183174_09243836.jpg
そして勝負の第3セット、第6ゲームをブレイクした錦織が6-3で奪いからくも3回戦に進出した。3回戦は第5シードのJ・M・デル=ポトロと世界ランク44位のR・ハーセの勝者と対戦するがどちらが勝ってもタフな試合となりそうだ。
サービス、そしてショットの精度を一段階あげないと3回戦を突破することは難しいのではないだろうか、錦織の奮起を期待したい。
そして今日はサンウルブズが秩父宮競技場でチーフスと対戦する。惜敗続きのサンウルブズ、地元で今季初勝利をあげることができるのであろうか。特に怪我から復帰したSO田村優、CTBラファエレ・ティモシー、そして古巣との対戦に闘志を燃やすFLリーチ・マイケルの3選手に期待したい。

by motokunnk | 2018-03-24 09:26 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)