2018年 03月 30日 ( 1 )

いよいよ開幕、大谷デビュー、そして棋王戦

いよいよ今日プロ野球が開幕する。今年はセパ同時開催、6試合が行われ、日本一目指して各チームがペナントレースを戦う。
日本ハムの開幕投手は予想通り、新外国人投手のゴンザレスであった。開幕ベンチ入りメンバーも発表され、予想通りのメンバーがベンチ入りした。
予想スタメンもマスコミが発表しているが栗山監督が「一発がある打線」と言っているので2番横尾、7番大田泰示となりそうな予感がする。
d0183174_09363425.jpg
札幌ドームでの練習にも気合いがはいっていたようだ。
エンゼルスの大谷翔平もメジャーで開幕をむかえた。開幕試合は8番DHでの出場であった。注目の第1打席、初球を打ってライト前にヒットを打ち、初打席初安打を記録した。
d0183174_09364486.jpg
試合は序盤に4-0とエンゼルスがリードしたが、5-5となり延長戦に持ち込まれた。そして11回にサヨナラ負けとなってしまった。大谷翔平は2打席以降は凡退して開幕戦は5打数1安打であった。
明日の試合はどうなのであろうか、4月2日が先発予定、微妙な状況だ。
将棋の棋王戦も最終局の第5局が本日行われる。渡辺明棋王が防衛するのか、永瀬拓矢七段が初タイトル獲得なるか注目の一局である。
過去の4局を振り返るとすべて先手番の棋士が勝利している。第5局まで持ち込まれた場合は振り駒で先手が決まるので、先手がどちらか注目であった。
d0183174_09365215.jpg
その振り駒の結果、渡辺棋王の先手番となった。注目の初手は7六歩であった。相居飛車で進んでいる将棋であるが、果たしてどちらが勝利し棋王の座につくのであろう。今夕には決着するようだ。

[PR]
by motokunnk | 2018-03-30 09:38 | 日記 | Trackback | Comments(0)