2018年 04月 04日 ( 1 )

日本ハム今季初勝利、大谷野手で地元デビュー

開幕4戦目で日本ハムが初勝利をあげた。日本ハムとしては栗山監督の考える「打ち勝つ野球」ではなく、昨年まで実践していた守って勝つ野球の勝利であった。
対楽天戦、先発の上沢が力投した。初回いきなり一死3塁のピンチを背負ったが無失点におさえると、リズムよく楽天打線をおさえていった。
d0183174_08593010.jpeg
一方の打線は楽天先発の岸に4回までパーフェクトにおさえられ、初安打は5回のレアードであった。
しかし得点には至らず緊迫した試合となった。7回まで無失点におわえた上沢にかわってマウンドにあがった宮内がいきなりピンチをつくってしまった。
d0183174_08594186.jpeg
先頭の島に2塁打、バントで一死3塁と絶体絶命の場面であったが、当たっている島内を1塁ゴロ、茂木を三振に打ち取りピンチを脱した。
ピンチの後にチャンスありとはよく言ったもので9回、楽天の守護神松井を攻め。田中賢介のヒットに続いて、開幕から絶好調の近藤が連打でチャンスを拡げ、相手守備陣のミスもあって無死満塁となった。
d0183174_08592185.jpeg
ここでレアードが2点タイムリーヒットを放って2-0とリードした。9回裏は守護神候補の石川直也がマウンドにあがった。西武戦で2試合連続して失点しているだけにどんな投球をするか心配しながら観ていた。
先頭のウィーラーには直球主体で追い込み、ファウルで粘られるが最後まで直球勝負、10球目の直球で空振り三振をうばった。これで落ち着いた石川はアマダーを三振、藤田を一直に打ち取り、日本ハム今季初勝利をたぐり寄せた。
d0183174_08590654.jpg
石川直也にとってもセーブは初、これからどんどんセーブを増やしていくことが期待される。栗山監督の石川への期待の大きさが垣間見えた試合であった。
地元の開幕戦をむかえたエンゼルスであるが、初戦はいいところなく0-6と敗れてしまった。そして2戦目の先発メンバーが発表され大谷翔平が8番DHで出場することとなった。
チーム開幕戦以来の打者としての先発である。地元ファンにどんな雄姿を魅せてくれるのだろうか楽しみである。楽しみといえばこの試合の始球式には佐藤琢磨が出場するという。
d0183174_08594963.jpg
昨年のインディ500の覇者ともなると全米でも人気者なのかもしれない、こちらも楽しみだ。

[PR]
by motokunnk | 2018-04-04 09:02 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)