2018年 04月 06日 ( 1 )

日本ハム5割、藤井六段勝利、そして大谷翔平

開幕3連敗の後3連勝で5割に復帰した日本ハムであった。昨日の楽天戦第3戦、先発は村田透、一方の楽天は藤平であった。村田自体、昨年メジャーから復帰してそこそこの活躍はしていただけに今季はどこまでやってくれるか期待はしていたがまさかここまで頑張ってくれるとは想像していなかった。
d0183174_09473456.jpeg
初回いきなり四球、ヒットで失点しそうだった場面をレフトにはいった近藤の好返球で捕殺してことがその後のピッチングに好影響をもたらしてようだ。3回にオコエに一発を打たれてしまったが安打は4本のみで8回を1失点におさえてしまった。いくら楽天打線が不調だといっても完璧な投球であったと思う。そんな村田を打線もバックアップ、5回に近藤、中田の連続タイムリーで逆転すると7回には二死1、2塁から新外国人のアルシアが低めの球をうまく運んでのタイムリーで3-1とリードを拡げた。
d0183174_09474383.jpeg
アルシア、先日の試合ではセンター前ヒットで緩慢な動きをついて2塁まで進塁するなど走塁面でも真価を発揮している。
9回は石川直也ではなくトンキンがマウンドにあがり自身初のセーブをあげた。チーム自体が不調の楽天であったが敵地での3連勝は価値がある。ワンチャンスを活かす日本ハムらしい攻撃が見え始めたのはいい傾向、今日からのロッテ3連戦でも同様のワンチャンスを活かす野球をしてくれたらおのずと結果はついてくるのではないだろうか。
将棋の藤井聡太六段の新年度の最初となる一局が昨日行われた。棋王戦予選2回戦が行われ古森悠太四段との対局であった。振り飛車が得意な古森四段は四間飛車戦法で戦いをしかけ、序~中盤にかけてはほぼ互角の戦いとなった。
中盤以降は一時期古森四段が指しやすい局面もでてきたと思われたが、藤井六段の巧妙な指しまわしで徐々に藤井六段が優勢となりはじめ145手で藤井六段が勝利した。
d0183174_09475013.jpg
「序盤で形勢を損ねたかと思ったが、最後の競り合いを制することが出来たのは良かった。普段通りの気持ちで臨んだが、新年度を白星でスタート出来たのは良かった」と語った藤井六段、3回戦の対局者は大石直嗣七段である。
ちなみに次の対局は10日の竜王戦5組3回戦の阿部光瑠六段である。
WRC第4戦ラリー・フランスが開幕する。今季初のフルターマックラリー、トヨタヤリスWRCはどんな走りを魅せてくれるのだろうか。前日のシェイクダウンでは直前の豪雨で路面に泥がはみ出した状態となってしまい、タイムは8~10位であったが、乾いた路面ではそこそこのタイムを記録していたそうなので活躍が期待できそうだ。
d0183174_09475990.jpg
第1戦以来の表彰台、そして昨年フィンランド以来の優勝を期待したい。
開幕前はマイナーでの調整をしたほうがいいのではないかと言われていたエンゼルスの大谷翔平であったが初先発初勝利、本拠開幕戦で初打席HRとその評価はうなぎのぼりである。そして本拠デビュー2戦目でまたも1発をはなった。今度はサイヤング賞投手からである。
日本での活躍を観てきた者にとっては当然と思うが、初めて観る人にとってはどんな感じで受け止めているのだろうか、160kmの速球を投げ、180km近い打撃スピードを記録する二刀流の大谷翔平の今後に大注目したい。
d0183174_09480614.jpg
当初はお休みだった明日のアスレチックス戦にもDHで出場(先発は日本時間月曜日)するらしい、ソーシア監督も相手チームの先発が誰でも大谷翔平を出場させるようなので今後ますますの活躍が期待できそうだ。どこまで進化するのだろう楽しみである。

[PR]
by motokunnk | 2018-04-06 09:52 | 日記 | Trackback | Comments(0)