2018年 05月 04日 ( 1 )

エンゼルス連勝、日本ハム連敗ストップ、羽生竜王残念、そしてWEC

GWは話題満載、まず将棋の王位戦挑戦者決定リーグ紅組、3戦全勝でトップを走っていた羽生竜王、木村九段との一局に勝利すれば紅組トップ通過がほぼ確定する。しかし、この対局は序盤から「千駄ヶ谷の受け師」と異名をとる木村九段が攻め将棋を展開して85手で羽生竜王に勝利した。
d0183174_09055854.jpg
木村九段が意地を見せたことで最終5回戦まで複数の棋士のチャンスがある混戦模様を呈してきた。最終戦、トップ通過し、白組トップ通過者と挑戦者を争うのであろう。
連敗を止めたエンゼルス、オリオールズとの第2戦は打線が久々に爆発した。初回に先制点を取られ、嫌な流れであったが、すぐその裏、トラウト、プホルスに一発がでて2-1と逆転すると、先発のヒーニーがランナーは出すがオリオールズを無失点におさえた。
d0183174_09063282.jpg
d0183174_09064050.jpg
打線は久々に大爆発、4回に一失で出塁した大谷がシモンズの2塁打でホームを駆け抜け、続くコザートの内野ゴロで加点、5回にはアプトンの3ランも飛び出して7-1と試合を決定づけた。結局10-7で連勝し、3連勝をかけて今日は新人バリアが先発する。
プホルスも3000本安打まで後2本、今日の試合でマルチヒットが出れば記録達成となる、こちらも期待したい。
連敗を止めたい日本ハムは高梨裕稔が先発した。この日の高梨は前回登板時に比べて調子は悪く、ランナーを出す苦しいピッチングであった。一方の打線は楽天先発の辛島にわずか1安打と抑えられてしまった。
d0183174_09061644.jpeg
試合の分岐点は7回であった。一死満塁とピンチを背負った高梨であったが、バックの好守備に助けられ、無失点に切り抜けると、その裏日本ハムも清宮のヒットを足掛かりに一死満塁のチャンスをつかんだ。
ここで、清水が起死回生の逆転満塁弾をバックスクリーンに打ち込み、試合を決定づけた。連敗ストップ、高梨はうれしい2勝目をゲットした。
d0183174_09062472.jpeg
そしてWEC第1戦スパ・フランコルシャン6時間レースの公式練習が行われた。そしてアロンソがドライブするトヨタTS050Hybrid8号車がトップタイムをマークした。
d0183174_09060693.jpg
公式予選にむけて順調なすべりだしを見せたトヨタチーム、前週のWRCに続いて2週連続優勝してルマン24時間レースに弾みをつけてほしい。

[PR]
by motokunnk | 2018-05-04 09:08 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)