人気ブログランキング |

2018年 06月 19日 ( 1 )

日本ハム、交流戦勝越し、錦織芝初戦勝利、そして名人戦第6局

雨で中止となった広島戦が行われた。日本ハムの先発は高校時代を広島で過ごした上原であった。日本ハムには考えてみれば中田翔を筆頭に広島に関係のある選手が多数在籍しているといえる。
そんな選手が活躍した試合であったと思う。大田泰示(広島県出身)の先制2ランで試合をリードすると投げては上原が5回を1失点でおさえた。そして5回の第2打席ではなんとプロ入り初安打がホームランという快挙も達成である。
d0183174_09254182.jpeg
6回からはリリーフ陣が広島打線をおさえ、公文、石川直也、トンキンがホールドをあげた。最終回、セーブのつかない場面で有原航平(広島県出身で上原の高校の先輩)が登場したが、先頭打者にいきなり一発を打たれてしまうなど不安定な投球でその後も一死2、3塁のピンチを招いてしまった。
なんとか次打者を投ゴロにおさえ、二死をとり三塁ランナーのホーム突入を阻止してゲームセットとなったがクローザーとしては不満の残る投球内容であった。
これで日本ハムは交流戦の全日程を終了し、5カードに勝ち越したもののDeNAには3連敗をきっしてしまい10勝8敗の成績に終わった。首位を走る西武も10勝8敗だったので、交流戦を終えてもゲーム差は1のままである。
交流戦は打撃陣が好調でまだ全日程は終了していないが、近藤健介が打率(2位)、ホームラン(1位タイ)、打点(2位)、中田翔も打率(7位)、ホームラン(4位タイ)、打点(1位)と数字を残した。
この勢いをぜひ交流戦以降も持続してペナントレースを戦ってほしい。
セリーグではヤクルトが球団初となる交流戦トップを決めたが、DeNAも頑張っている。日本ハムに3連勝し、あと1試合を残して8勝9敗である。筒香、ロペスなど主軸を欠く中、主戦投手もリタイアするなど戦力の大幅ダウンの中でのこの成績は見事である。
昨日もパリーグ首位の西武に対して宮崎の2本のホームランでリードし、投手陣もリリーフ陣が踏ん張り4-2で雨中の激戦を勝利した。今日の楽天戦に交流戦、ペナントレースの5割をかける。今日勝てば首位広島と3ゲーム差の2位となり首位奪取も現実味を帯びてくる。
全仏オープンが終了し、テニス界は芝のシーズン突入である。男子はATP500・ゲリー・ウェバー・オープンがはじまった。第7シードにランクされた錦織圭の対戦相手は地元ドイツの159位のバッヒンガーであった。芝巧者といわれる選手であったが、第1セットは1ゲームもブレイクされることなく6-3で奪った。
第2セットも先にブレイクしたもののブレイクバックされてしまうなど、サービスが安定せずに6-6のタイブレイクとなってしまった。
ただ錦織は落ち着いてタイブレイクに臨み7-3でタイブレイクを制して6-3、7-6の2-0で初戦を突破した。試合は安心して観ていられる状況で、錦織の調子のよさが感じられた。
d0183174_09255035.jpg
女子も大坂なおみが落ち着いた試合運びで初戦を突破し2回戦に進出した。男女のエース、滑り出し好調のようである。
将棋の第76期名人戦七番勝負の第6局がはじまった。佐藤天彦名人が3勝をあげ、タイトル防衛に王手をかけての第6局である。後手番の羽生善治竜王がどんな作戦を用意してくるか注目されている本局、対局が開始され2手目に6二銀と指した。誰もが予想していなかったこの手にどんな思惑があるのだろうか、注目の一手、今後どんな展開となるのだろう。
d0183174_09255921.jpg
また第77期名人戦順位戦C級1組の対局もある予定であったが、地震の影響で延期されてしまった。森下卓九段と藤井聡太七段の対局は延期されたそうだ。

by motokunnk | 2018-06-19 09:28 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)