人気ブログランキング |

2018年 06月 29日 ( 1 )

薄氷の決勝T進出、バドミントン、そして竜王戦

サッカーW杯グループH予選最終戦、日本対ポーランドの試合は0-1で日本代表が負けてしまった。1、2戦から先発メンバーを6名変更して臨んだ試合であったが、後半10分過ぎにFKから先制ゴールを奪われてしまい、同点に追いつくことはできなかった。
決勝トーナメント進出には勝つか、引き分けが条件であったが、セネガル敗戦の場合は日本代表との得失点差勝負でもあった。
コロンビアと戦うセネガルも0-1で負けていたので日本代表としては残り5分でこのままのスコアでいくことを選択したようで、3人目の交替選手にキャプテンの長谷部を投入し、守りを固めた。もしセネガルが1点とって同点となれば無駄となるこの作戦であったが、思惑通りに0-1で負け、日本代表の決勝トーナメント進出が決まった。
d0183174_09533395.jpg
弱いと言われていた日本代表、2大会ぶりの決勝トーナメント進出である。トーナメント初戦はベルギーとなった。下馬評ではベルギーが圧倒的に有利といわれているが日本代表もコロンビアを破ってのベスト16入り、初のベスト8にむけて頑張ってほしい。
バドミントン・マレーシアオープン3日目が行われ、ベスト8進出者が決まった。女子シングルスでは山口茜は順当に勝利したが、奥原希望はタイ選手にファイナルゲームの末に惜敗してしまった。同ダブルスはタカマツペアは順当に勝利したが、福島由紀/廣田彩花ペア、米元小春/田中志穂ペアは中国ペア、韓国ペアに競り負けてしまった。
d0183174_09534410.jpg
d0183174_09535605.jpg
唯一、松本麻佑/永原和可那ペアがデンマークペアに勝利し、準々決勝でタカマツペアと戦うこととなった。果たしてどちらのペアが勝利するのだろうか。
その他では混合ダブルスで全英選手権優勝の渡辺勇大/東野有紗ペアがベスト8に進出した。渡辺勇大は男子ダブルスでもベスト8に進出しており、大活躍である。
将棋の第31期竜王戦決勝トーナメント2回戦が行われる。昨年の2回戦では藤井七段が佐々木勇気六段に連勝記録を阻まれた将棋であっただけに藤井七段としてもぜひ勝ちたい一局であろう。対局相手は増田康宏六段、昨年29連勝を決めた対局相手である。何かの因縁を感じさせる対局である。先手は増田六段、どんな対局となるのだろう、楽しみである。

by motokunnk | 2018-06-29 09:55 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)